アエラホームの評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> アエラホームの評判・評価・価格(坪単価)

 

 

アエラホームの評判 目次

アエラホームの価格へアエラホームの価格(坪単価)

アエラホームの営業スタイルへアエラホームの営業スタイル

アエラホームの特徴へアエラホームの特徴

アエラホームの歴史へアエラホームの歴史

アエラホームの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

アエラホームの総評へアエラホームの総評

アエラホームのモデルハウス

アエラホームの栗東展示場

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★坪単価の目安

アエラホームのメイン商品は以前、「NEWクラージュプラス」という商品で、坪単価24・8万円でしたが、
現在は「クラージュ」という 坪単価30~40万円台の商品となっています。

以前はタマホームとほぼ同じような価格帯でした。しかし、現在はそこまで低価格路線ではありません。

また、タマホームと同様に、 坪単価の算出には「工事床面積」を使っています。
ローコスト系のハウスメーカー独特の算出方法ですね。

ローコスト系の坪単価については こちらをご参照ください→ 坪単価のからくり

また、 アエラホームのうたっているQ値は1.9W/m2K。
これは東北地方の次世代省エネルギー基準に適合する数値です。

タマホームでは、同レベルの寒冷地仕様にすると 坪単価で1万円のアップになりますが、 アエラホームは標準仕様です。

 

 

★間取りや仕様は、仮契約の後で

他社との最大の違いは、
商品の説明をして、気に入ったのであれば、とりあえず仮契約。

間取りや仕様の決定はその後。

自由設計とは言うものの 間取りはプラン集から選び、 それを基に多少のアレンジを加える程度。

仕様は選んだパッケージによって、選べる選択肢が異なってきます。

間取りと仕様が決まれば、 そのデータを本部に送って見積金額が算出され、 本契約となります。

以前は仮契約から本契約までの期間が2週間程度で、
かなり慌ただしく事を進めていかなくてはならないような印象を受けましたが、
現在では約1~2ヶ月との事なので、
普通に検討して決めていく事ができそうです。 本契約以降は現場担当者とバトンタッチして、 営業担当とはほとんど関わりが無くなります。

営業はとにかく数をこなすことが要求され、
滋賀県の営業所では4人の営業スタッフで、
年間約40棟ほど契約しているそうです。

つまり、1人で年間10棟。

ここ最近の不況で、 大手ハウスメーカーの営業マンの平均契約棟数は 年間3~4棟程度らしいので、 その3倍ということになります。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★イレギュラーな対応は苦手です

アエラホームと同じローコスト系であるタマホームの営業マンよりも アエラホームの方が上品な印象を受けました。

モデルハウスを案内する際の説明も、 よく訓練されていることが伺えます。

ただ、非常にマニュアル的で、 イレギュラーな対応は苦手な印象を受けました。

一通り説明を聞いた後で、 私が身分を明かした時には 目が点になって、固まっていました。
どう対応していいのか分からないといったところでしょうか。

ただ、アエラホームで家を建てるのでしたら、 かなりシステマティックな営業になっているので、 営業マンの善し悪しによって 建つ家が違ってくることはないでしょう。

 

★いつの間にかお茶が‥‥

もう一つ、私がとても興味を持ったことがあります。

モデルハウスの説明を一通り終え、 リビングに戻ってくると、 テーブルの上に私と妻のお茶が用意されているではありませんか。

いつの間に‥‥。

結構、ビックリしました。

これは他のハウスメーカーではない対応です。
でも、 モデルハウスと事務所は別棟になっていて、 モデルハウスには私たち夫婦と 案内してくれた営業マンだけだったはず‥‥。
いったい誰がお茶を持ってきたのでしょう?
そしてなぜ、私と妻の2人で来ていることが分かったのでしょう?
しかも、お茶の暖かさからして、 つい先ほど入れたばかりという感じ。
タイミングを計っていたとしか思えません。

辺りをぐるっと見渡してみると、 何やら防犯カメラのようなものがいくつか‥‥。
これで事務所から見ていたのでしょうね。

おそらく、来場者には必ずする対応なのでしょう。
ご興味のある方は、 アエラホームのモデルハウスを訪ねて、試してみてください。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★タマホームはピンチです

2000年以降、関東地方と中部地方で 台頭著しいローコスト住宅のハウスメーカーです。

現在、私のいる近畿地方では3店舗、まだ、中国・九州地方にも進出しているようです。

以前はやはりローコスト系のタマホームと同等の価格帯でしたが、 現在はそこまで低価格ではありません。

折り込みチラシを比べると、 タマホームよりもアエラホームの方がインパクトが強く、 作り方が上手いです。

また、チラシには 「Q値=1.9」「C値=1.0未満」をうたっていて、 断熱気密性能にも配慮した家のようです。

営業マンの話では、 「全棟気密測定をして、C値は必ず1.0未満であることを確認して お引き渡しします。
もし1.0を超えていたら、1.0未満になるまで補修をして、 お引き渡しします。」とのことです。

これは、私の個人的な印象ですが、 アエラホームとタマホームが競合すると、 アエラホームの勝率が高いのではないでしょうか。

おそらく、タマホームは 新たに台頭してきたアエラホームによって、 関東地方や中部地方では、 かなり苦戦を強いられていると思われます。

 

★外張断熱

ECO住宅を前面に出して展開しています。

いくつか商品のバリエーションはありますが、 外張断熱のクラージュという商品が主力とのことです。

アエラホームの外張断熱で特に特徴的なのが、使用されている断熱材です。

アキレス社製のウレタンフォーム、キューワンボードで、 発泡ウレタンがアルミ箔でサンドイッチされているボード状の断熱材です。

この断熱材の特徴は 夏場などは アルミ箔が外からの日射(熱線)を反射して 家の中に輻射熱が入ってこないようにします。

逆に、冬場は部屋の中から出た赤外線を反射して 家の中に戻します。

私自身はこのアルミ箔の効果を体感したことが無いので 何とも言えませんが、 色々聞くところによると、それなりの効果は期待できそうです。

 

 

★ファストファッションの住宅版

アエラホームは、住宅における ユニクロなどのファストファッション的な存在です。

内装も外観も至ってシンプルで ほとんど癖がありません。
無駄な経費を省いて、ベーシックな住宅を 低価格で提供することが企業命題となっているようです。

例えば、 「アエラホームの営業スタイル」でも書きましたが、 アエラホームでは仮契約してからでなければ、 プラン作成をしません。
そして、予め用意されたプラン集の中から選んだ間取りを基に 2週間程度で仕様までを決め、本契約となります。

通常、住宅営業では プラン作成を無料で行い、 平均5~6社と競合して、 最終、選ばれた1社だけが仮契約を結べることになるのですが、
そこに、かなりの労力と費用がかかっています。

その部分の労力と費用をかけないことで
その分を住宅価格に還元するという訳です。

確かに低価格というのは 消費者にとってはありがたいのですが、 ただ、家は衣料とは違い 何千万円ものローンを組んで、 何十年もそこで暮らして、 家族の思い出が刻まれていくものです。

「住めれば何でもいい」と割り切っている人なら良いと思いますが、 漠然とでも、自分達の思いを家に表したい という気持ちがあるのでしたら、 仮契約をする前に、本当にアエラホームを選択していいのか 冷静になってもう一度考えるべきかと思います。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

アエラホームは1963年4月に中島工務店の名称で創業しました。

元々は山梨県甲斐市の一地方工務店でしたが
1984年12月に株式会社設立、
1994年4月に株式会社ライクと社名を変更。

2003年3月からアエラホームというブランド名で販売を開始しました。

2011年4月に株式会社ライクから
アエラホーム株式会社へ社名変更しました。

まだ、台頭して間もないこともあり、
それ以上詳しいことは分かりませんので、
アエラホームについての歴史はこれにて‥‥。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★ECOネクタイ

私が真っ先に目に付いたのが 営業さんの赤いネクタイ。

良く見ると「ECO ECO ECO ECO ECO‥‥」 という小さな文字が柄になってます。

聞けば、会社から このネクタイをするように言われているとか。
「あまり見ないでください‥‥」と恥ずかしそう。

確かに、こんなネクタイをして 街を歩くことはできないでしょうね。
仕事が終わったら、 サッサとネクタイを外している姿が浮かんじゃいます。

※現在、このECOネクタイは廃止となっています。

 

★‥‥発泡ウレタンねぇ

同じローコスト系のタマホームとの大きな違いは「外張断熱」。
断熱や気密への配慮はアエラホームの方が上みたい。

ところで、アエラホームが使用している断熱材は発泡ウレタンボードだとか。

‥‥ウレタンねぇ。

実は前、ジャンクセールで500円の靴を2足買ったんですけど、
「これは安~う」と思って喜んだのもつかの間、
靴底がウレタンでできていて、 3回履いただけで、バキッて割れちゃったんです。

しかも2足とも。

長い間、倉庫に眠っていた商品だったみたいですけど。
もちろんお金は、しっかり返してもらいました。

むかし、工業デザイナーだった 旦那のコンシェルジェ高田によると
ウレタンは物性的に不安定なプラスチックだそうです。

燃えると有毒なガスが出るみたいだし、 そんな材料を住宅に使うのはチョッとどうなのかな?
とか言っておきながら、 実は我が家に使われている断熱材も発泡ウレタンなんですけどね。

2001年に建てたんで、
その時には最も断熱性能の良いのが発泡ウレタンで、
もちろんアルミニウム箔でサンドイッチされた発泡ウレタンは無くて
今だったら、もっと良い断熱材が色々あるみたいね‥‥。

ところで、発泡ウレタンの一番の問題点が、リサイクルできない事です。

「エコ」を意識しているみたいだし、 古紙やペットボトルを再生した断熱材なんかもあるんだから、
そういうのを使うべきかも?

 

 

★えっ、夜はエアコンを切ってるの?

高断熱高気密だから「エコ住宅」だと言いたいのかも知れないけど、
それも何かどうかなって気がする。

営業さんの話では 「いつも朝、エアコンを入れるんですけど、 今日も、まだ入れて間もないのに、こんなに暖かいんですよ‥‥」

‥‥えっ、いつも夜はエアコンを切ってるの?

エアコンって、運転し始めた時が 最も電力を消費するんです。

我が家で実験したことがあるんですけど、 高断熱高気密住宅だったら、 エアコンを切ったり入れたりするよりも、 付けっぱなしにした方が消費電力が少ないんですよ。

でもそれは本当の高断熱高気密住宅だったらの話なんですけど‥‥。

たぶん、アエラホームの営業の人たちは そういうことを知らないんでしょうね。

高断熱高気密に特化しているハウスメーカーと比べると やはりその辺りの意識は、だいぶ低いような気がします。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

仮契約を交わして、
アエラホームで家を建てるという前提でなければ
プランも見積りも提示しないというのは、今までになかったやり方です。

住宅営業では、仮契約に持ち込むまでに 莫大な労力と費用がかかっているので、 それを無しにできる分、安価にできるというのは分かります。

ただ、アエラホームを選ぶというのは 相当な覚悟が必要ですね。

何があっても、一切文句を言わない ぐらいのつもりでなければいけません。

私が建て主だったら、 なかなかそこまでの覚悟はできないかもしれません。

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について