ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)


HOME
 >> ハウスメーカー比較(評判・坪単価) >> ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)
       
注文住宅の相談はこちら 地元の優良工務店に対しオーディション(競争入札)。あなたの家づくりをプロがサポート。 全国6拠点→  住宅CMサービス
       

欠陥住宅の事例動画 参考資料‥‥ハウスメーカーで実際にあった欠陥の実例です。失敗に学ぶことは多いです。
  

 

ダイワハウス(大和ハウス)

ダイワハウスは売上業界ナンバーワンのハウスメーカーです。
外張り断熱仕様の『XEVO(ジーヴォ)』を中心にして展開しています。

戸建て住宅だけではなく、賃貸住宅や商業施設、事業施設など多角的に展開し、グループ会社ではホテルやリゾート施設の運営していたり、ホームセンターの全国展開もしています。

ダイワハウスはもはやデベロッパー行った方が良いかも知れませんが、ハウスメーカーとしてのダイワハウスの真価は、いかなるものでしょうか。

大和ハウスの評判・評価・坪単価の外観写真
大和ハウス・モデルハウス
京都五条展示場

ダイワハウス(大和ハウス)のメニュー

 

ダイワハウスの価格   ダイワハウスの営業スタイル   ダイワハウスの特徴

 

ダイワハウスの歴史   主婦の目チェック   ダイワハウスの総評

 

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の価格(坪単価)

 

ダイワハウスは規格住宅が充実しています。
間取りも仕様も決まっていて、 変更はほとんどできません。

その代わり、坪単価55~65万円ほどで、
プレハブ住宅としては、比較的安い価格になっています。

もし、敷地と自分たちの要望にピッタリ納まるプランがあれば、お得かもしれません

一方、注文住宅となると、インタビューに答えてくれた営業マンの話しでは
坪単価70~80万円ぐらいで、 他のプレハブ住宅のハウスメーカーと同様に高額です。

高いからといって、規格住宅より豪華な仕様という訳ではありません。

キッチンはサンウェーブ、クリナップ、松下電工。
システムバスは、TOTO、INAX から選べます。

1階の窓ガラスは、標準で全て防犯ガラス。

制震装置はオプションで、価格は1棟当たり30万円ほど。
xevoΣでは標準仕様となっています。


ところで、「ダイワハウスの歴史」の中でも述べていますが、
ダイワハウスの礎を築いた、1959年発売の「ミゼットハウス」のように
創業当初は、自動車のように工場で大量生産し、
高品質な住宅を安く提供することが目的でした。

ダイワハウスに限らず、積水ハウスや、セキスイハイム、ミサワホーム、
パナホームなど、プレハブ住宅メーカーのほとんどが
その目的のために創業をしたのです。

しかし現在は一般消費者の要望は多様化し、
大量生産でそこに応えるのは難しい状況なり、
日本の住宅価格を非常に高くする元凶になっているように思えます。

ただ、ダイワハウスはハウスメーカーというよりも
会社としてはデベロッパーとしての色合いの方が濃いので、
分譲宅地に規格住宅を建てるという形であれば
大量生産のメリットが出てくるかもしれません。

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の営業スタイル

営業マンには正社員と歩合給社員がいるようです。
歩合給社員は、色々なハウスメーカーを渡り歩いてきた人もいれば、
まったく住宅とは関係のないところから来た人もいるようで、
そのスキルにはかなりのバラツキがあります。

正社員であれば、一様に皆紳士的で、丁寧に接してくれます。

比較的若い人は、正社員である可能性が高いでしょう。
でも、30代後半以上の人だと歩合給社員の可能性もあります。
その場合、その営業マンのスキルがいかなるものか、慎重に見極め、
住宅に関しての知識に乏しいようであれば、パスすべきです。

ダイワハウスは、積水ハウスと同様に、
営業マン主導で事が進んでいきます。

ですから、担当営業マンの良し悪しが大きく左右します。

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の特徴

 

 


ハウスメーカーからデベロッパーへ


ダイワハウスの売上の内、戸建住宅の割合は2割以下です。
賃貸住宅や商業施設、事業施設など、
戸建て住宅以外で収益を伸ばしています。

少子高齢化により、住宅の需要減少の流れに逆らう訳にはいかず、
事業の多角化を図り、ハウスメーカーからデベロッパーへシフトしています。

他のハウスメーカーも多角化を図っていますが、
ダイワハウスはどこよりも強力にその流れを推し進めています。

 


XEVO(ジーヴォ)が標準



大和ハウスHPより拝借


大和ハウスのXEVO『XEVO(ジーヴォ)』と称する外張り断熱仕様を
全面に展開しています。

今、ダイワハウスの主力商品は全て、
この『XEVO(ジーヴォ)』が標準装備となって、
次世代省エネルギー基準をクリアしています。

ただ、外張り断熱とは言っていますが、
確かに木造の商品は外張り断熱で、基礎断熱も外張りになっています。
しかし、鉄骨造は純粋な外張り断熱ではなく、
充填断熱(内断熱)との併用になっています。

外張りしている断熱材は、グラスウールを圧縮した、
厚さ1cm程度のモノなので、補助的な断熱というような感じです。

鉄骨住宅の最大のウイークポイントは、
鉄が非常に熱を伝えやすい材料だというところにあります。

ですから、夏の暑さや冬の寒さが鉄の柱を伝わって、
ドンドン家の中に入ってきてしまいます。

でも、柱の外側に断熱材を張ることで、 その点が大きく改善されています。

他の鉄骨系のハウスメーカーには無い、
最大の特長がこの『XEVO(ジーヴォ)』です。

 




ダイワハウスの一押しは xevoΣ



大和ハウスHPより拝借

ダイワハウス(大和ハウス)のジーヴォΣダイワハウスが一押しの商品が『xevoΣ』です。

グッドデザイン賞や日経産業新聞賞を受賞しています。

外張り断熱仕様の 『XEVO(ジーヴォ)』はもちろんですが、
通常の 『XEVO(ジーヴォ)』よりも、断熱材が厚くなっています。

最大の特長は
Σ状の断面の部材が地震の揺れを効果的に吸収し、
構造体や外壁の損傷を最小限に抑える役目をします。

また、最大幅7メートル10センチの大開口が可能で
天井高は2メートル72センチが標準です。
(一般的な天井高は2メートル40センチです)

確かに大開口は魅力的ですが、窓が大きいと
その分、家の中から外へ出ていく熱量も多くなるので、
温熱環境を重視する場合は、その辺りに注意してください。

『xevoΣ』の外壁は光触媒がコーティングされていて、
外壁に付着した汚れを、太陽光の紫外線で分解し、雨で洗い流されます。

 


アフターサポート AQ ASSET(エーキュー・アセット)


ダイワハウスではアフターサポートを
AQ ASSET(エーキュー・アセット)と称し、長期保証を謳っています。

商品や部位によって保証期間は違うのですが、
軽量鉄骨造XEVOシリーズの「主要構造体」に関しては、 初期保証が20年間、
その後10年毎に有料の点検とメンテナンスを受ける事で
最長50年間、保証してもらえます。

有料の点検自体は5万円ですが、
メンテナンスが必要な場合はそれなりの出費となるでしょう。

また、ネット上で見ると、ダイワハウスのアフターサポートについては
あまり良い評判にはなっていない感じですね。

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の歴史

 

ダイワハウスの発祥の地は奈良県です。
大和(ヤマト)の地で創業したことから、その社名が付けられました。

ダイワハウスの創業者は石橋信夫氏です。
石橋氏は戦争中に下半身マヒの重傷を負い、
何とかその怪我から復活したものの、
終戦後はシベリアの収容所で3年間の捕虜生活を送り、
想像を絶する拷問に耐えました。

その過酷な体験から
「その瞬間、その瞬間を悔いなく生きることの大切さを知った」と、
自叙伝の中で述べています。

帰国後、実兄と共にダイワハウス工業を設立。

そして、ダイワハウスの礎を築いたのが、
何と言っても、1959年に発売した「ミゼットハウス」でした。

その名を聞くと
団塊の世代の人は、懐かしく思う方もいらっしゃるでしょう。

当時、戦後のベビーブームにより、
学校や家は子供たちで溢れかえっていました。

ですから、勉強部屋などなかなか持てるはずもなく、
子供たちの夢は「自分の部屋が欲しい」というものでした。

そんな夢を叶えるべく誕生したのが、
庭に6畳の小屋を3時間で建ててしまう「ミゼットハウス」です。
これがプレハブ住宅の原点となりました。

「ミゼットハウス」の「ミゼット」は
言わずと知れたダイハツの三輪自動車から取った名です。

当時、ダイハツのミゼットが大ヒットし、「ミゼット」という言葉は
「お手軽で小さいモノ」を指す代名詞のように使われていました。

しかし、今でしたらダイハツから訴えられそうな話ですね。

ともかく、家族で始めたこの小さな会社は
やがて日本有数の住宅メーカーへと成長していったのでした。




大和ハウスのミゼットハウス
1959年に発売した
ダイワハウスの「ミゼットハウス」

良質住宅研究所HPより拝借

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

主婦の目チェック コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

 

★「お店」みたいな内装

大和ハウスの評判・評価・坪単価の玄関写真今回訪ねたダイワハウスのモデルハウスは、京都の五条住宅展示場です。
玄関に入ると正面には、
鉄骨で組んだ、重厚でモダンな階段が出迎えてくれます。

玄関ホールの裏へ回ると、まるで料亭のような、モダンな和室。

2階に上がると目を引くのが、ガラス張りの浴室に隣接した、
やたらに広い洗面脱衣室。

確かにお洒落。
‥‥‥でも、どこを見ても、何か違和感を感じる。

「家」じゃなくて、「お店」って感じがして、落ち着かない。

そういえば、近所の「ラーメン屋」さん!
工事中にダイワハウスの看板が出ていた。

大和ハウスの作ったくら寿司近所の「ローソン」もそうだ。

最近、国道1号線沿いにできた「くら寿司」(回転寿司)も
ダイワハウスが工事していた。

そうか!
ダイワハウスは店舗設計が得意なのね。

でも、一般の家を工事しているところを見た覚えがない。
近所では、積水ハウスやヘーベルハウス、住友林業は良く見るけど‥。

もしかして、普通の家を設計するのは苦手なんじゃないの?
このモデルハウスの内装を見ていると、そんな気がする。

きっと、ダイワハウスに家を建ててもらうと、
「お店」みたいな家になっちゃうのかも。

私は、
ラーメン屋や回転寿司みたいな家には住みたくな~い。(≧ヘ≦)


★ 『XEVO(ジーヴォ)』って名前になってる!?


ダイワハウスの商品名には XEVO(ジーヴォ)って名前が必ず付いている・・・?

XEVO(ジーヴォ)って外張り断熱の仕様のことらしいんですけど、
何年か前にダイワハウスへお邪魔した時には付いてなかったのに。

以前は確か「グラン○○○」というような感じで、
商品名の頭に「グラン」が付いていたと思うんですけど、
「グラン」が「ジーヴォ」に変わっちゃったのね。

でも木造の商品には昔ながらの「グラン」も「ジーヴォ」も付いてる・・・。

あれ?、何か木造の商品が増えているんじゃないの?
以前お邪魔した時には、木造の商品は出たばっかりで、
あまり売れていないような事を言ってましたけど、
もしかして売れているの?

ダイワハウスの木造の商品は、標準でXEVO (ジーヴォ)の仕様らしいから
外張り断熱になっているってことなのね。

確かにそれはたのハウスメーカーの木造とは差別化できているとは思うけど、
なんとなく思いの外、断熱材が薄いような気がするんですけど・・・。

そう思うのは、私だけ・・・?



★特長ないのが特徴


それにしても、ダイワハウスの人には悪いけど、あまりパッとしない。
ジーヴォ以外は、はっきり言って、これといった特長がない。

積水ハウスは戸建て住宅のナンバーワンのメーカー。
ヘーベルハウスは頑強な構造。
住友林業は木の家。

どのハウスメーカーも、
それなりの特長を活かした家づくりをしているけど、
ダイワハウスって、そういうのが何もない。

強いて言えば、特長がないのが特徴って事ね。

 

※主婦の目チェックを書いたご本人のブログをこちらでご覧になれます。

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

ダイワハウス(大和ハウス)の総評

 

妻の言う通り、ダイワハウスには、これといった特長がないですね。
良く言えば、癖がないといえるかも知れません。

以前は
テレビコマーシャルは面白いけど、
実際にダイワハウスの家を見ても、魅力を感じる人はほとんどいないのでは‥‥?
と思うほどでしたが、XEVO(ジーヴォ)が登場して以来、チョッと違ってきたかもしれません。

ただ、せっかく他社とは違った断熱方法を採用するのであれば、
もう少し断熱性能を上げてほしいところです。

 

ダイワハウス(大和ハウス)の評判・評価・価格(坪単価)のトップへ