セキスイハイムの特徴(評判や坪単価など)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>セキスイハイム >>歴史

<スポンサードリンク>

 

セキスイハイムのルーツは、
戦前、朝鮮北部を拠点に4万2千人の従業員を擁する、
東洋最大の総合化学会社であった日本窒素肥料(以後、日窒)です。

日窒は、日本の有力な財閥のひとつでした。
戦後、日窒は財閥解体によって、延岡工場が旭化成に、
水俣工場を新日本窒素に分断されました。

積水化学は朝鮮日窒からの引上げ者であった
わずか7名によって設立された会社でした。

社名に付けられた「積水」は
中国の古典、孫子の書の中にある
「勝者の人を戦わしむるは、積水を千仞の谷に決するが如き形なり」
から取ったものです。

※言葉の意味※
勝利者の戦闘は、満々とたたえられた水(積水)を
深い谷底に流し込むような、激しい勢いとなって一気に決められる。

日窒の中では積水会、積水寮などと使われ、好まれていた言葉でした。

積水化学工業の設立は1947年3月。
奈良県に開設したプラスチック製品の工場が始まりです。

その後、次々に画期的なプラスチック製品を開発していきます。
その代表的なものが、
1950年に「セロテープ」。
1952年に、当時は鉄管であった水道管に代わる、
腐食しないビニール製の管「エスロンパイプ」。
1957年に「ポリバケツ」。

こうして、積水化学は日本有数の巨大企業へ成長しました。

そんな中、住宅の事業部門を設けるのですが、
他のプラスチックメーカーの台頭により、成長に陰りが出てきたのです。

そして、1963年に住宅の事業部門を切り離し、
それが、後の「積水ハウス」となりました。

その後、切り離された積水ハウスは、住宅業界で大成功を納めます。
それを横目で見ていた積水化学工業は、
本格的に住宅産業への参入を決意。

1971年「セキスイハイムM1」というユニット住宅を発売しました。
当時、一般的な住宅の坪単価は16~18万円/坪。
それに対し「セキスイハイムM1」は13万円/坪という低価格。

「ハイムがコケれば、積水がコケる」と言われ、
まさに社運を掛けた、大博打でした。

でも、先にご紹介した孫子の言葉のごとく、
全社一丸となって、一気に流れ込んで行ったのです。

そして、「セキスイハイムM1」は国内外から高い好評を得て、
大成功を納めるのでした。

 

セキスイハイムの特徴(評判や坪単価など)へセキスイハイムの特徴(評判や坪単価など)へ

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について