ミサワホームの評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> ミサワホームの評判・評価・価格(坪単価)

 

ミサワホームの評判 目次

ミサワホームの価格へミサワホームの価格(坪単価)

ミサワホームの営業スタイルへミサワホームの営業スタイル

ミサワホームの特徴へミサワホームの特徴

ミサワホームの歴史へミサワホームの歴史

ミサワホームの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

ミサワホームの総評へミサワホームの総評

ミサワホームのモデルハウス

ミサワホームのモデルハウス

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★坪単価の目安

ミサワホームの坪単価の目安は、65万~75万円です。

「蔵のある家」が主力で、
注文住宅で建てる人の半分以上が、それを採用します。

「蔵のある家」というのは、
1階と2階の間に、天井高1m40cmの収納スペースを設け、
収納の充実をウリにした家です。

以前は「蔵のある家」は、ミサワホームの専売特許で、
他のハウスメーカーは、そのような家を建てられませんでした。

しかし、2006年にその特許の期限が切れた際には、
他社の数社から「蔵のある家」によく似た商品が発売されましたが、
今では他社の「蔵のある家」はほとんど聞かなくなりました。

 

「蔵のある家」の特許が切れた頃にミサワホームでは、
「スマートスタイル」という商品を発売し、 現在では主力商品になっています。

「スマートスタイル」は完全な自由設計ではなく、 イージーオーダー的な感覚の家で、
坪単価の目安は、55万~65万円です。

完全な自由設計よりも安価に建てられるという商品です。

 

更に安価な商品として、「ミサワ・ウェブ・ダイレクト」というネット販売の商品があります。

ホームページ上でプランとインテリアを選び(ある程度のカスタマイズは可能)
見積価格や資金計画をシミュレーションする事ができます。

ウェブ上でプロに相談する事もでき、ホームページ上にはバーチャル展示場も用意されています。

ウェブダイレクトの坪単価に関しては調査中ですが、かなり安いことが期待できるでしょう。

 

 

 

★ディーラー制にて販売

他のハウスメーカーとは違い、
自動車業界と同じようなディーラー制で販売しています。

代理店はミサワホーム直轄ではなく独立しているので、
代理店によって格差が生じているようです。

私の印象では、
ミサワホームの営業マンは住宅の知識が浅く、基本的な質問をしても
答えられないことが多々ありました。

しかし、打合せの際は、設計専門のスタッフが同席し、
その辺りをフォローしていました。

また、設計スタッフはプレゼン手法が巧みで、 素人にも分かりやすい提案をします。

プレゼンが上手なだけに、
それほどたいしたことのないプランであっても、良く見えてしまううかも知れません。

ただし、これは京都で私が見聞きした事なので、
打合せのプロセスは代理店によって全く違うかも知れません。

なお、ミサワホームは、自由設計とは謳っていますが、
実際にはプラン上の制約が多く、 希望したプランができない場合も多々あります。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

「GENIUS 蔵のある家」が、
1996年に住宅業界で初めて「グッドデザイングランプリ」を受賞するなど、
商品の開発力に優れています。

また、南極の昭和基地の建物の9割は
ミサワホームが建てた事が自慢のようで、
モデルハウスには、それを説明するパネルが展示されています。

扱っている工法は、木質プレハブの他に
重量鉄骨造も扱っていますが、 売上の9割以上が木質プレハブです。

ミサワホームの販売方法は他のハウスメーカーとは違い、
自動車業界と同じようなディーラー制になっています。

本体のミサワホームは商品開発、部材供給、宣伝広告をするだけで、
設計、施工、営業などは全て傘下のディーラー(代理店)が行います。

代理店により経営方針が違いますし、 技術力にも差があるようです。

また、同じミサワホームの商品であっても、 価格も異なっているようです。

 

★木質パネルを接着剤で接合

ミサワホームの売上の9割を占める木質プレハブは、
ツーバイフォー工法と同じように力を
床、壁、天井の面で分散させるモノコック構造になっています。

ツーバイフォー工法の場合は
工場で製作した木質パネルを丸釘で接合していきますが、
ミサワホームの場合は接着剤とスクリュー釘で接合して組み立てるので、
より強固な一体構造になります。

ただし、基礎は布基礎が標準仕様になっています。
上物が面で支える構造であれば、
基礎も面で支えるベタ基礎にすべきではと思うのですが
いかがなものでしょう。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

★制震装置「MGEO」

ミサワホームでは「MGEO(エムジオ)」という制震装置を
オプションで用意しています。

最大で地震の揺れを1/2に低減し、
価格は1棟当たり約50万円ほどです。

ミサワホームで建てる人の半数は、この「MGEO」を採用するようです。

しかし、ミサワホームの家は木質パネルのモノコック構造です。
つまり、地震で揺らされても、建物は変形しにくい構造なのです。

実は、制震装置というのは、
建物が変形することをを利用して、地震の揺れを吸収するのです。
もちろん、ミサワホームの「MGEO」も同じです。

私にはなぜ「MGEO」という制震装置が有効に働くのか、 今一つよくわからないのですが、
一応、実物大の建物で実験しているようなので、確かなのでしょう。

免震装置を設置する場合は敷地の制約をかなり受けますし、価格も高いですが、
その点、「MGEO」のような制振装置であれば、その辺りは有利です。

ミサワホームの制震装置

ミサワホームの制震装置
MGEO(エムジオ)

 

★平成25年省エネルギー基準をクリア

標準で新しい省エネ基準の平成25年基準をクリアしています。

断熱材は16K高性能グラスウールで、90ミリ厚の壁パネル一杯に入っています。
オプションで120ミリ厚のパネルに変更が可能で、更に断熱効果を高める事ができます。

パネルの内部は格子で仕切られているので、
グラスウールが自重でずれるような事がありません。

サッシは標準でアルウッドサッシ。
(屋外側がアルミで、屋内側がMウッド)

ガラスはLOW-Eペアガラスで、アルゴンガス入りが標準となっています。

オプションで樹脂ウッドサッシにトリプルガラスに変更することもできます。

標準仕様よりも断熱性能をアップして、
太陽光発電とエコジョーズのような高効率給湯器を設置する事で
「低炭素建築物」の認定基準に対応する事が可能になっています。

「低炭素建築物」の認定を受けると
税制や融資の優遇措置があります。

 

ところで、ミサワホームでは気密測定をしていません。

ミサワホームの家を気密測定した事のある人に聞くと、
あまり良い数値ではなかったとの事でした。

躯体の構造としては気密性能を出しやすい 工法なので、
できれば、気密にも配慮してもらいたいですね。

 

 

このページのトップへ ↑ 

★室内空気環境・・・エアテリア

ミサワホームでは家の中の空気環境を整えるエアテリアというシステムが用意されています。

全館空調と全熱交換の換気システムの組合せの他に
プラズマクラスター発生機を設置して
抗アレル内装材で壁と床を仕上げる事で
温熱環境だけではなく、ハウスダストや花粉などのアレルギー対策もしています。

アレルギー体質の人は採用を検討しても良いかも知れませんね。

 

★遮音性能

ミサワホームの家の遮音性能は
外部の騒音が75dBの場合、40dBに減音されます。

75dBは交通量の多い交差点レベルの騒音。

40dBは静かな公園レベルになります。

外部からの遮音に関しては、特に優れている訳ではありません。

 

ミサワホームの場合、
居室を間仕切る壁にも吸音材(グラスウール)が入っています。

家の中でプライバシーが守りやすいようになっています。

 

上下階の遮音は標準仕様でD-40(40dBの減音)です。
オプションで、下階の天井に石膏ボード(12.5ミリ厚)を2枚張りにする事で
D-50(50dBの減音)の遮音性能にする事ができます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

ミサワホームの創業者は三澤千代治氏です。
氏は1938(昭和13)年3月29日新潟県生まれ。

1960(昭和35)年日本大学理工学部を卒業後、
家業の三澤木材(株)へ入社しました。

そこで、木質パネルを接着剤で貼り合わせ、家を建てるという
前代未聞の家づくりに挑戦します。

ミサワホームは発足当初から、
技術革新によって新たな家づくりを創造していく風潮がありました。

ミサワホームの代表的な技術革新は
「M-wood」と「蔵のある家」ではないでしょうか。

◆「M-wood」

「M-wood」は木粉と樹脂を混ぜ、
木の風あいはそのままに、
高い安定性・均一性・耐久性・耐水性を持ち合わせた素材です。

ミサワホームでは
1980年ごろから開発を始め、16年の歳月を掛けて商品化に成功。

今では、色々な材料メーカーから、
「M-wood」に似た樹脂木が販売されています。

現在では、すっかり当たり前の材料ですが、
1980年当時に、
なぜ、木粉と樹脂を混ぜてみようと思ったのでしょうか?
その発想はすごいと思います。

ミサワホームのMウッド

ミサワホームの開発した
M-WOOD(エムウッド)
※この写真は東洋工業HPより拝借

 

◆「蔵のある家」

1階と2階の間に、天井高1.4mの収納を設け、
ミサワホームではそれを「蔵」と呼び、
1994年に「蔵のある家」を発売しました。

それまで、そのような住宅の収納は
地下あるいは小屋裏に作るしかありませんでした。

地下だと、ひじょうにコストが掛かり、
地下水の漏水や結露などの問題もあります。

小屋裏だと、法律により、ハシゴによる上り下りが前提となるので、
荷物の出し入れがしにくく、
夏場はひじょうに高温になるので、収納できるものは制限されます。

しかし、1階と2階の間に収納を設け、
階段の踊り場から、荷物の出し入れができるようにすれば、
それらの問題は一気に解決します。

ミサワホームの蔵のある家

グッドデザイングランプリに輝いた
「GENIUS 蔵のある家」
※この写真はミサワホームHPより拝借

ところが、そこには法律の大きな壁がありました。
そのような事をすると、法的には2階建てではなく、
3階建てになってしまうのです。

それなのに、なぜか、「蔵のある家」は
当時の建設大臣認定を獲得してしまうのです。

過去の色々な事例を調べ上げ、法の網の目をくぐり抜けたようです。

その後、1996年に「GENIUS 蔵のある家」という商品が
住宅業界では初めて、グッドデザイングランプリに輝きました。

それまで、住宅業界において、
色々と革新的な事を行ってきたミサワホームでしたが、
2000年以降になると、リゾート開発や不動産投資などの失敗で抱えた
巨額の有利子負債が重荷になり経営が悪化します。

その責任から、創業者の三澤千代治は退任。

2004年12月、産業再生機構に支援要請し、
本業の住宅事業に特化して再建をする事となりました。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★ミサワホームのモデルハウス

ミサワホームのモデルハウスの外観

ミサワホーム・モデルハウス
ジニアス 蔵のある家

ミサワホームのモデルハウス1階
ミサワホームのモデルハウス蔵階
ミサワホームのモデルハウス2階

 

 

★築9年のモデルハウス

今回訪問したのは、京都の桃山六地蔵住宅博。
ここにあるミサワホームのモデルハウスは、築9年とのこと。

え~っ? 普通、モデルハウスって5年もすると建替えてしまうはず。
何度かリフォームしながら今日に至っているらしいけど‥‥。

このモデルハウスは「ジニアス 蔵のある家」。
ミサワホームのメイン商品です。
それなのに築9年ってどういうこと?‥‥信じられない!

おそらく、この9年間、
仕様がほどんど変わっていないという事なのでしょうね。

新たにモデルハウスを建替えたとしても、
それまでのモノと、たいして変わらないモノしか建てられないから、
費用をかけずに、簡単なリフォームだけで凌いでいるという訳か‥‥。

かつては、「蔵のある家」「Mウッド」など革新的なモノを生み出して、
開発力がウリのハウスメーカーという感じだったのに、
こうなってしまっては、それはもう過去の話ネ。

 

 

★蒸し暑い2階

このモデルハウスで、すごく気になったのが、「2階の蒸し暑さ」。
正直、しばらくいたら気分が悪くなっちゃいました。

梅雨時で、もともとジメジメした気候だったけど、
展示物を照らす沢山のスポットライトのせいか、
熱がこもって、蒸し暑さを増幅しているみたい。

それに、何となく空気がよどんでいるような感じ‥‥。
換気システムがちゃんと働いてないんじゃないの?

外の方がずっと居心地がいい。
これは大きなマイナスポイントね。  (-Д-)

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

★南極の昭和基地?

ミサワホームのモデルハウスにいくと、
必ず展示してあるパネルがあります。

それは、南極の昭和基地の建物の9割以上を
ミサワホームが建てたというモノ。

地球上で最も過酷な場所でも、充分に耐え得る家と言いたい訳ネ。

でもそれは、単に、簡単に組立てられるから
昭和基地に採用されたんじゃないの?

営業マンの話では、南極仕様では、
断熱材が13センチの厚さのグラスウールらしい。

ミサワホームの標準仕様が9センチの厚さのグラスウールなので、
「標準でも、南極仕様とたった4センチだけしか違わない」
という説明を受けました。

すると私の旦那が
「グラスウールの密度は南極仕様と同じなんですか?」
と聞きました。

すると、営業マンは「ハぁ? 何ですか密度というのは?」

えっ!ウソでしょ? w(° 0°)w
グラスウールって、16kとか24kとかの密度の違いによって、
断熱性能がぜんぜん違うことぐらい、
住宅の営業してるんだから知っててよ‥‥。

ミサワホームの昭和基地

南極の昭和基地は9割の建物が
ミサワホームにより建てられたこの
※写真はミサワホームのカタログより拝借

ミサワホームの壁の構造

ミサワホームのホームページを見ても、 
グラスウールの密度について記載されていない。
高断熱高気密に対して積極的でないことが覗える。
※ この絵はミサワホームHPより拝借

 

★あまりにも乏しい営業マンの知識

グラスウールの密度のことを知らないというのは驚きだけど、
「営業マンも色々いるでしょうし‥‥‥」と思い、
別の住宅展示場で、ミサワホームの営業マンに同じ質問をしました。

すると、やっぱり知りませんでした。

グラスウールのことだけではありません。

換気システムのことについて質問しても知りませんでした。

換気システムには「1種換気」「3種換気」の2種類があって、
「1種換気」は給気と排気の両方にファンを使って、
「3種換気」は排気だけファンを使って換気する事なんです。

別のハウスメーカーの営業マンに
「このモデルハウスの換気システムは1種ですか?3種ですか?」
と聞いたら、チャンと答えてくれたのに、

ミサワホームの営業マンは
「1種、3種というのは何のことか分かりません」とのこと。

皆さんも、試しに質問してみてはいかがですか?

それにしても、営業マンがこのような質問に答えられないというのは、
ミサワホームの断熱・気密の性能は期待できな~い。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

数年前、仕事で申請されている特許を調べる機会がありました。
するとミサワホームが申請した特許が結構多い事に驚きました。

実際に商品化されていない特許がほとんどでしたが
ミサワホームの開発部門の頑張りを感じます。

それにしても、ミサワホームの営業マンの知識の浅さには驚きです。
もしかして、これはディーラー制の弊害かも知れません。

代理店は販売だけに特化しているため、
技術的な面においては、弱くなってしまうのではないでしょうか。

京都で調査しただけなので、他の地域では違うかも知れません。

試しに、グラスウールや換気システムについての質問をしてみて、
技術的知識がどうか確かめてみてください。

 

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について