スウェーデンハウスの評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> スウェーデンハウスの評判・評価・価格(坪単価)

 

Placeholder image

スウェーデンハウスの評判 目次

スウェーデンハウスの価格へスウェーデンハウスの価格(坪単価)

スウェーデンハウスの営業スタイルへスウェーデンハウスの営業スタイル

スウェーデンハウスの特徴へスウェーデンハウスの特徴

スウェーデンハウスの歴史へスウェーデンハウスの歴史

スウェーデンハウスの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

スウェーデンハウスの総評へスウェーデンハウスの総評

スウェーデンハウスのモデルハウス

スウェーデンハウスのモデルハウス

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★坪単価の目安

スウェーデンハウスの説明では、
価格の目安は 坪単価65万円から とのことでしたが、
一般的に言われているのは、 実際には「坪単価80~90万円」は下らないとのことです。

ちょっと一般庶民には敷居の高いハウスメーカーです。

 

★スウェーデンハウスの壁はセカンドハウス用

スウェーデンハウスがスウェーデンから輸入している躯体の壁は、 サマーハウス(セカンドハウス)用の壁です。

夏のバカンスで使用する家なので、
実際のスウェーデンの家よりも性能は劣っているようです。

それでも、これだけ高性能なのですから、 スウェーデンはさすがに住環境において世界一の先進国だけあります。

 

 

★換気システムに難あり

後の「主婦の目チェック」の中で妻も述べていますが、 スウェーデンハウスが採用している換気システムは チョッと頂けません。

全熱交換型の換気システムではありますが、 非常に安価なものです。

実は以前、私自身が同等の換気システムで、何棟か施工したことがあるのですが、
お施主さんの予算が限られていて、仕方なくそれを採用しました。

各部屋に給気するためのダクトはφ50ミリしかなく、
本体からある程度離れた部屋になると、極端に風量が少なくなり、 どれだけしっかり換気できるかは疑問です。

坪単価50万円ぐらいの家でしたら、 この換気システムを採用していても、仕方ないとは思います。

しかし、高断熱高気密をウリにしていて 坪単価80~90万円もするようなハウスメーカーが これを採用しているのであれば、 住環境に対する考え方が甘いとしか言わざるを得ません。

スウェーデンには優れた換気システムが沢山あります。

壁と窓だけと言わず、換気システムもスウェーデン製の物を 標準装備としてほしいものです。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★押し売りはしない

実は関西では、過去にワコールが代理店となって、スウェーデンハウスを販売していたことがありました。
その時に会った営業マンは、 「実は私、ついこの前まで下着を売ってました」 と言うので笑わせてもらいました。

今は、ワコールは住宅事業から撤退し、 関西エリアはスウェーデンハウスの直轄で展開しています。

それでも、インテリアコーディネーターなどは 今でもワコールの社員だったりするようです。

ところで、下着を売っていた営業マンの印象が強いせいか、 私の印象では、スウェーデンハウスの営業マンは 決して押し売りをしてこない印象があります。

でも実際、スウェーデンハウスのお客さんの多くは、 初めからスウェーデンハウスで建てようと思って来るので、 他社と競合することがあまりないようなのです。
ですから、押し売りする必要がないのでしょう。

 

★大手の中では高断熱高気密No.1

数値の上では、Q値C値一条工務店に抜かれてしまいましたが、 あくまで、私の個人的な感想としては、 大手の中では高断熱高気密に関してはNo.1ではないでしょうか。

一条工務店の営業マンに何人か会いましたが、 営業トークで数値の説明はあるのですが、 そのような高断熱高気密の家に住んだら どうなるのかと言う説明はありません。

単純に、 「冬暖かく、夏涼しい」程度です。

その点、スウェーデンハウスの営業マンは 高断熱高気密住宅をよく心得た営業トークをします。

例えば、
「このモデルハウスで今動かしているエアコンはこれだけなんですよ」
「このモデルハウスでは、エアコンを点けっ放しにしているんですけど、 毎月の電気代はこれだけなんですよ」
「1階にいても2階にいても、ほとんど温度が変わらないでしょ」
他にも、「高断熱高気密住宅であれば、こんな生活ができるんですよ」
と言うような話がたくさん出てきます。

スウェーデンハウスと同じように高断熱高気密住宅を売りにしている一条工務店ですが。
私が行った一条工務店のモデルハウスでは 真冬や真夏に、玄関ドアは開いていて、 ガラス1枚の自動ドアが付いています。

しかし、スウェーデンハウスは、いつ行っても 必ず玄関ドアが閉まっています。
そして、その玄関ドアには 「モデルハウスの温熱環境を体感してもらうために‥‥」 という貼り紙があります。

更に、モデルハウスの至る所に温湿度計が置いてあって、 どの部屋に行っても温度差がほとんど無いことをアピールしています。

私の行った一条工務店のモデルハウスでは 温度計は一つも置いてありませんでした。

高断熱高気密住宅には、提供する側の姿勢が重要かと思います。

実は高断熱高気密住宅の住み方にはコツがありまして、そのコツを提供する側が施主に教えてあげないと、せっかくの高断熱高気密住宅が宝の持ち腐れになってしまします。

 

★モデルハウスの女性の商品知識に驚き

モデルハウスに行って、 営業マンが出払っていると、 営業マンに代わって女性の社員(事務員だと思います)が応対します。

仕方ない事ですが、そうなると大概、頼りなくて、 私の質問に、まともに答えることができませんし、 私の後ろをただ付いてくるだけという感じです。

ところが、これまでにスウェーデンハウスの女性社員に 3人応対してもらったのですが、 その3人とも、とても商品知識が豊富でした。

さすがに専門的な話は無理でしたが、 あれだけ自社のアピールができたら充分です。

いつだか出会った積水ハウスの頼りない男性営業マンより、 よっぽど役に立つのではないでしょうか。 (積水ハウスの営業の方、ごめんなさい)

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

★高断熱高気密住宅の先駆者

スウェーデンハウスで、外せないのが高断熱高気密です。

カタログに記載されている数値を見ると、
Q値=1.14(以前は1.39と謳っていたと思うのですが‥‥)
C値=0.74(平均値)

最近では一条工務店がこれより若干上回る数値を出していますが、 それでも、35年前から同じ性能で一貫してきたスウェーデンハウスは すごいです。

日本の高断熱高気密住宅の先駆者と言って良いのではないでしょうか。

チョッと厳しいことを言いますと、 私の記憶では10年前は実験棟やモデルハウスなどでは 気密測定は行っていましたが、
全棟に気密測定は行っていなかったと思います。

私は、高断熱高気密を謳うのであれば、 全棟気密測定を実施することは必須と思っているので、 10年前の時点でそれをしていなかったというのは 高断熱高気密に対する姿勢が若干甘いと感じます。

例えば、「FPの家」なんかでは、 発足当初から全棟気密測定をしていましたし‥‥。

 

 

このページのトップへ ↑ 

★トリプルガラスの木製サッシ

Placeholder image

スウェーデンハウスの木製サッシ

スウェーデンハウスが他のハウスメーカーと最大に違う特徴の一つが、 木製のトリプルガラスのサッシです。

今、日本でもトリプルガラスはようやく出回り始めましたが、まだまだ一般的ではありません。

しかし、スウェーデンでは昔から、トリプルガラスが当たり前です。
スウェーデンから輸入した木製トリプルガラスサッシを標準なので、 これは、他のハウスメーカーでは真似のできないことです。

でも、スウェーデン製の木製トリプルガラスサッシは 日本でも「ガデリウス」というところが輸入販売しています。

ですから、地元の工務店であれば充分に対応可能です。

ガデリウス→ http://www.gadelius.com/

ところで、このサッシは木製ですから、 年に1回メンテナンスが必要です。

スウェーデンハウスの話では、 キシラデコールを塗る必要があるとのこと。

ただ、キシラデコールはとても臭いので、 近所から苦情の出ないように注意しなくてはなりません。

 

★スウェーデン製なのは壁と窓だけ?

スウェーデンハウスは、 スウェーデンの輸入住宅と謳っていますが、
実際にスウェーデンから輸入しているのは 木製トリプルガラスサッシと玄関ドアだけ。

スウェーデンハウスの説明では 「屋根のトラス(屋根組)は カナダの木材を使って、日本で制作していますが、 壁パネルはスウェーデンから輸入しています」 とのことでした。

しかし、あるツーバイフォーのハウスメーカーによると
「うちの工場で、スウェーデンハウスさんの壁パネルも作ってますよ」
と言ってました。

ともかく、スウェーデンの雰囲気をかもし出した インテリアや外観を全面に出してアピールしていますが、
床材や内装建具、外装材、住設などは、 すべて、国内メーカーのものですし、 どこがスウェーデンなの?‥‥と思ってしまいます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

これまで、色々なハウスメーカーの 誕生秘話などをお伝えしてきました。

積水ハウスセキスイハイム大和ハウスなど、 最大手のハウスメーカーについては、 ネット上を探すと色々と情報が出てきます。

しかし、さすがにこのぐらいの規模のハウスメーカーになると あまり誕生秘話の情報が出ていません。

仕方ないので、私の知っている範囲内で書きます。
間違っていたらごめんなさい。

スウェーデンハウスの親会社は 北海道の「トーモク」という段ボールのメーカーです。

トーモク→ http://www.tomoku.co.jp/ 

今から40年以上前、
トーモクはスウェーデンで段ボールの原材料として 良質な木材が採れることを知り、 スウェーデンから木材の輸入を始めます。

そんな中、 スウェーデンでは、住宅建築ができない冬の間に、 サマーハウス(セカンドハウス)用の壁パネルを作り貯めして、 夏になると一気にサマーハウスを建築していることを知ります。

そこで、このサマーハウス用の壁パネルを日本に輸入して、 住宅建築ができないかと考えました。

そして、北海道の石狩群に実験棟を建設。

スウェーデンの家の性能の素晴らしさが実証できた頃、 スウェーデンのレクサンドという街と 姉妹都市にあった北海道の当別町で、 宅地開発として、スウェーデン村建設の話が持ち上がりました。

トーモクと三菱地所がその話に乗り、
でき上がったのが「スウェーデンヒルズ」です。

この成功を機に、1984年にスウェーデンハウス株式会社を設立。現在に至ります。

なお現在、三菱地所はスウェーデンハウスとは別に 「三菱地所ホーム」というブランドで、住宅事業を展開しています。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★スウェーデンハウスのモデルハウスの間取り

スウェーデンハウスのモデルハウスの1階スウェーデンハウスのモデルハウスの2階スウェーデンハウスのモデルハウスの3階

 

★確かに暖かい

先日訪問した東日本ハウスのモデルハウスは、 スリッパを脱ぐと、床が冷たく感じました。

でも、スウェーデンハウスの床は さすがに高断熱高気密をウリにしているだけあって、 ぜんぜん冷たくありません。

これまで、沢山のモデルハウスを回ったけど、 どこも「標準で次世代省エネルギー基準をクリアしています」 と言って高断熱高気密をアピールするんですよね。
でも、裏に回ると エアコンの室外機が10台ぐらい置いてあったりして、 しかもそれが、かなり大型で、 ブンブン、フル回転してます。

でも、スウェーデンハウスのモデルハウスには 室外機は6台ぐらい。
しかも、普通の家庭についているような 小さい室外機。

それでも、すごく温かいし、 どこに行っても同じ温度。
足元まで暖かいから、とても快適です。

モデルハウスに行ったら、裏側も要チェックですよ。

 

 

★モデルハウスの解体ショー!

スウェーデンハウスでは、 モデルハウスを解体する時に、 ショーのように、一般の人に公開するらしいんです。

年月が経っても、 躯体は新築当時のままという事を見せる目的でやるみたいなんですけど、 まるでマグロの解体ショーみたい。

これはちょっと面白いかも。 機会があったら、ぜひ見てみましょ!

 

★木製の窓はお洒落で良いけど‥‥

スウェーデンハウスの最大のウリは スウェーデンから直輸入した木製のトリプルガラスのサッシ。

普通のアルミサッシよりも、雰囲気は良いし、 しかも重厚で、すごく断熱性も良さそう。

でも、メンテナンスが大変そう。

木が腐らないように、 定期的に「キシラデコール」って言うのを塗らなきゃいけないらしい。

旦那の「住まいづくりコンシェルジェ高田」の話では、 10年ぐらい前、シロアリの薬を嫌がるお施主さんがいて、 代わりに「キシラデコール」を土台に塗ったことがあったみたい。

旦那が自ら現場に行って塗ったらしいんですけど、 結構、揮発性の塗料らしく、シンナーみたいな匂いがきつくて、 気持ち悪くなったとか。
おまけに、近所の人たちから苦情がきたみたい。

ってことは、 年に1回、窓のメンテナンスをする前には、 ご近所に菓子折りを持って回らなきゃならないってこと?

ナンか考えただけで、面倒くさ~! しかも、すっごく体に悪そう‥‥。(=д=;)

 

★木製の窓はスウェーデンハウスじゃなくても使えます。

木製の窓は、メンテナンスに難があるので 私は抵抗があるけど、 雰囲気は良いし、断熱性も良さそう。

スウェーデンハウスの話では、 「このサッシは、当社ならではです」と言うけど、
旦那の話では、「ガデリウス」っていうところが スウェーデンハウスと同じサッシを輸入して販売してるらしい。

ガデリウス→ http://www.gadelius.com/ 

確かに、大手ハウスメーカーだと、 それに対応できないかも知れないけど、 地元の工務店だったら、ぜんぜん問題ないみたい。

 

 

★壁をスウェーデンから輸入する必要があるの?

スウェーデンハウスが 窓以外にスウェーデンから輸入しているのは、「壁」。

スウェーデンハウスの説明によると、 現地のスウェーデンの人が、職人技で作ってる とは言うけれど、それにどんな意味があるの?

別に、木材だけ輸入して、日本の工場で作ったらいいんじゃないの?

その方が、よっぽどメリットがあるんじゃない?

海外の工場で作っているから、融通が利かなくて、 プランにも、すごく制限があるみたいだし、 壁の状態よりも、木材の状態の方が、 輸送コストだって、ずっと安くつくし、 スウェーデンは恐ろしく税金が高いみたいだから、 人件費も別に安い訳じゃなさそうだし、 日本は今、こんなに不景気で、 仕事が無くて困ってる人が沢山いるじゃないの。

日本の企業なんだから、 何もスウェーデン人に雇用の場を与えることないんじゃない?

スウェーデン人はかなり真面目で勤勉みたいだけど、 日本人はもっと勤勉でしょ。

きっと、日本で作った方が、良いものできるんじゃないの?(`д´# )

 

★換気システムに疑問

スウェーデンハウスのコンセプトは、 「スウェーデンのスタンダードによる本物の住まいを‥‥」 ってことでしょ?

スウェーデンの住環境には換気システムも重要な要素のはず‥‥。

それなのに、スウェーデンハウスの採用している換気システムは どこのハウスメーカーでも採用していそうな安モノでした。

旦那によると 「付いていないよりはマシかな?」っていうようなモノらしい。

先ほどご紹介したガデリウスでは 「フレクト」っていう、スウェーデン製の 換気システムを扱っています。

実は我が家にはその「フレクト」が付いてます。

旦那によると、 緻密に換気計画をすることができて、 施工後には、計画通り換気できているかどうか検査をして、 後から微調整もできるとか。

でも、価格はスウェーデンハウスで採用しているものより 倍ぐらいするらしいですけど。
住環境をウリにしている「FPの家」では 「フレクト」を標準装備にしています。

スウェーデンハウスと名乗り 「本物の住まいを‥‥」と言ってるのに、 せっかくスウェーデンにある優秀な換気システムを 採用していないというのでは?(´へ`) 納得できませ~ん!\(>д<; )

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

発足当初から高断熱高気密に拘った家づくりをして、 現在まで一貫してきたことは、とても評価できます。

ただ、スウェーデンの輸入住宅を謳っているものの、 実際は構造材も含め、日本製であるというのは、 単なるスウェーデンの雰囲気だけということですね。

実際に北欧での在住経験があるなど、 本物志向の人には、スウェーデンハウスでは我慢できないのではないでしょうか。

とは言え、それでも、住宅の温熱環境に関しては期待できそうです。

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について