部屋を広く見せるインテリアテクニック


HOME
 >> インテリアのテクニック >> 部屋を広く見せるテクニック
       
注文住宅の相談はこちら 地元の優良工務店に対しオーディション(競争入札)。あなたの家づくりをプロがサポート。 全国6拠点→  住宅CMサービス
       
住まいづくりコンシェルジェ

このサイトの管理者
住まいづくりコンシェルジェの
高田公雄です
住まいづくりコンシェルジェのプロフィールへ プロフィール

家づくりの小冊子・DVD
家づくりに役立つ小冊子とDVDのダウンロード
家づくりの小冊子・DVD

 

部屋を広く見せるテクニック


家づくりを応援する情報サイトHOME

住宅CMサービスとは住宅CMサービスとは

会社概要会社概要

施工事例

住まいづくりコンシェルジェのブログブログ

(株)ポラリスへ問合せ問合せ


ハウスメーカー比較ハウスメーカー比較

ハウスメーカーのランキングハウスメーカーランキング

住宅業界の裏側住宅業界の裏側

不動産の豆知識不動産の豆知識

家づくり基礎知識家づくり基礎知識

快適な住まい方快適な住まい方

インテリアテクニックインテリアテクニック

住宅ローン入門住宅ローン入門



このサイトの管理人
住まいづくり
コンシェルジェ高田
がご提供する

住まいづくりのサポート

住宅CMサービス京都

 

 

できれば広い部屋で生活したいですね。

でも、大きな家を建てるのはお金もかかりますし、
日本の住宅事情を考えるとチョッと難しいです。

だけど大丈夫です。
部屋を「広く見せる」ためにできることはあります。

このページでは部屋が少しでも広く感じられるようにするための
インテリアテクニックをご紹介します。

 

部屋を広く見せるテクニックのメニュー

広く見せる 配色   広く見せる 柄   広く見せるレイアウト

 

 

部屋を広く見せるテクニックのトップへ

広く見せる配色

 

インテリアテクニックの色彩の基礎■明度と彩度

色には明度と彩度があります。

壁や天井、床などの
色の明度が高く明るい部屋は実際より広く感じ、
明度が低いと狭く感じます。

彩度は低いと部屋が広く感じ、
彩度が高く鮮やかの色だと狭く感じます。

 

 

インテリアテクニックの進出色と後退色■進出色と後退色

色には、実際の位置より近くにあるように見える「進出色」
実際の位置よりも遠くにあるように見える「後退色」があります。

部屋の中に進出色が沢山あると、部屋が狭く感じ
後退色が沢山あると、部屋が広く感じられます。

 

 

インテリアテクニックの白壁■壁や床の色を明るくする

一般的に明度が高いと、 人はスペースを広く感じます。

ですから、室内で最も大きな面積を占める壁と床を明るい色にすると、部屋は広く感じます。

この場合、純白でなくても、
アイボリーや白っぽいグレーでもOKです。

白ではつまらないという場合は、
できるだけ淡いパステルカラーを選びましょう。

また、柄物の壁紙を選ぶ場合は、
できる限り淡い色で輪郭のはっきりしないものや、
小さな模様のものを選ぶと良いでしょう。

部屋を広く見せるテクニックのトップへ

広く見せる 柄

 

■柄は小さな柄にする

狭い部屋では大きな柄は避け他方が良いでしょう。
大きな柄は部屋をより狭く感じさせてしまいます。

狭い部屋の場合、無地の壁紙を選ぶ方が無難です。
でも、どうしても柄のクロスを使いたい場合は、
小さな柄を選ぶ方が良いです。

インテリアテリアテクニックの柄

 

インテリアテクニックの縦ストライプ■縦のラインを強調する

天井が高いと、部屋が広く感じます。
吹抜けの空間などは開放感があり、
実際の空間よりもかなり部屋を広く感じさせます。

吹抜けを設ける場合は、家の断熱と気密に配慮しないと、
冬寒く、夏暑い部屋になってしまい、光熱費が高くついてしまいます。

また、住宅事情によって、
低い天井を余儀なくされてしまう場合があります。

そんな時は、縦のストライプ柄の壁紙や、
縦のラインを強調するようなアイテムを活用すると、
目の錯覚で、天井が高く感じます。

部屋を広く見せるテクニックのトップへ

広く見せるレイアウト

 

■床面を多く見せる

見た目の床面 積が広いほど、実際よりも部屋が広く感じられます。

家具は、床面積の3分の1以下に抑え、床面が多く出るように配置しましょう。

たとえばリビングの場合は、
収納家具やソファなどをあちこちに分散させず、
壁際に寄せて配置します。

こうすれば、中央に床面 が多く出て、ゆったりと感じます。

ラグ類を敷くなら、大きすぎないものを選び、床面 を隠さないようにしましょう。

インテリアテクニックの家具のレイアウト

 

インテリアテクニックの鏡■鏡を使う

鏡は、部屋を広く見せるための格好のアイテムです。

室内に大きな鏡を置くと、対面が映りこんで空間に奥行が生まれ、
実際よりもずっと広く感じます。

部屋の一番きれいな部分が映りこむ位置を選んで置きましょう。

戸外の眺めがいいなら、
外の景色を映りこませるように置けば、開放感もひときわ。

鏡を選ぶ時は、フレームの色や素材を他の家具と合わせると、
うまく部屋にマッチします。


インテリアテクニックの低い家具で広く見せる■背の低い家具を選ぶ

部屋を広く見せるためのポイントは、
「背の低い家具を選ぶ」ことです。

ある程度床が家具で埋まってしまっていても、
空間の高い位置を開けておくことで、
部屋が広く感じるという錯覚を 人間は起こします。

これをうまく利用しましょう。

 

 

 

 

↑ このページのトップに戻る