照明の明るさと部屋の広さ・LEDor蛍光灯or白熱灯

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 照明の明るさと部屋の広さ

 

 

 

この部屋の広さだったら、どのくらいの照明の明るさが目安なの?

その疑問に答えます。

 

はたまた、

LEDがイイのか?
蛍光灯がイイのか?
白熱灯がイイのか?

このページでは照明器具やランプの選び方も解説します。

 

照明の明るさと部屋の広さの目次

 

照明の明るさへ照明の明るさについて

 

ランプの使い分けへランプの使い分けについて

 

色の使い分けへLEDと蛍光灯の色の使い分けについて

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

 

照明器具の明るさと、それに適した部屋の広さを、下記に表しました。

照明器具に使われているランプの合計ワット数が、どこに当てはまるかを見ていただければ、
適した部屋の広さがどのくらいか、目安が付くかと思います。

LEDの場合は「40W形相当」というように表記してあります。

白熱灯を基準としています。

 

照明の明るさの目安

 

 

LEDと蛍光灯には白色と電球色がありますが、同じW数であっても、
電球色の方が暗めですので、上記より少し明るめのランプを選んでください。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

◆蛍光灯と白熱灯の比較

蛍光灯(インバーター)は白熱灯の約4分の1の消費電力で同じ明るさを得られます。
つまり、その分、ランニングコストが安くすみます。

しかも、ランプの寿命は白熱灯よりも5倍も長いのです。

 

◆LEDと白熱灯の比較

更にLEDは白熱灯の約5分の1の消費電力で、寿命は白熱灯の40倍です。

ならば、家中の照明をLEDにしてしまえば良いかと言うと、必ずしもそうとは言えません。

 

 

◆短時間でON・OFFするところはLEDが向いている

蛍光灯は点灯してから、明るさが安定するまで1分ぐらい掛かります。
点灯した当初は、本来の明るさの7~8割程度しかありません。

ですから、トイレや廊下のような、比較的短い時間しか点灯しない場所には、LEDが向いています。


◆長時間点灯する広い場所は白熱灯が向いている

長時間点灯して、広いリビングなどは、蛍光灯が向いています。

LEDは高価なためリビング全体を明るくするとなると、かなり費用が掛かります。

また、LEDは点状の光源なのに対し、蛍光灯は線状の光源なので、
まんべんなく均一な明るさを得るのに適しています。

 

◆赤色を綺麗に見せたい場所は白熱灯が向いている

LEDや蛍光灯には電球色と言って、白熱灯に似た光を出すランプがあります。
しかし、赤色が白熱灯に比べ、やや黒ずんで、綺麗に見えません。

赤色が綺麗に見えると、食欲を増す効果があります。
ですから、ダイニングテーブルを照らす照明に白熱灯を使うと、
奥さんの料理が、いつもより美味しそうに見えるでしょう。

詳しくはこちら

食事をおいしく見せるダイニング照明の選び方

 

LEDが向いている場所‥‥トイレ、洗面所、廊下、納戸  etc.

蛍光灯が向いている場所‥‥リビング、キッチン、寝室 etc.

白熱灯が向いている場所‥‥ダイニング etc.

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

LEDと蛍光灯には次のような色があります。

 

◆白色(クール色)

すがすがしく爽やかな光。洗練された雰囲気を演出します。

蛍光灯の照明器具の白色ランプ
照明器具の白色ランプ

◆昼白色(ナチュラル色)
(蛍光灯のみ)
いきいきとした自然な光。活気ある雰囲気を演出します。

蛍光灯の照明器具の昼白色ランプ
照明器具の昼白色ランプ

◆電球色(ウォーム色)

暖かくおだやかな光。落ち着いた雰囲気を演出します。

蛍光灯の照明器具の電球色
照明器具の電球色

 

◆住宅は基本的に電球色

基本的にはお好みで選ばれたら良いのですが、
私、インテリアコーディネーターの立場としては、
住宅は基本的にリラックスできる演出をするためにも、電球色をお奨めします。

ただ、子供部屋などは、昼白色ぐらいにした方が、
勉強の効率が上がって良いかも知れません。

また、お年寄りは、電球色だとひじょうに暗く感じるようです。
お年寄りのお部屋には白色が良いかも知れません。

 

◆1 つの空間には1色が原則

LDKが仕切られずに、一体となった空間のような場合、
キッチンとダイニングの空間は昼白色で、リビングの部分だけ電球色‥‥などというように
違う光の色があると、ひじょうにチグハグな感じになってしまうので、注意しましょう。

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について