ベタ基礎(べたぎそ)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>ベタ基礎とは【住宅建築用語】

 

 

他の基礎へその他の基礎についてはこちら

ベタ基礎とは

基礎の立上りだけでなく、
底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので
地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

ベタ基礎の配筋

最近は木造住宅ではベタ基礎を採用するところがほとんどです。

ベタ基礎の一般的な寸法は
立上りの幅を120mm以上、
底板の厚さを150mm以上とし、
立上りの高さを地面から400mm以上を確保します。

布基礎に比べ、コンクリートと鉄筋の量は増えますが
施工手間がかからないので、ベタ基礎の採用が増えた理由の一つです。

ベタ基礎は
立上り基礎で囲まれた区画の面積が大きくなると、
底板の厚みを大きくするなどの処置が必要になるなど、
コスト高になるので、
区画はできるだけ小さくした方が良いでしょう。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

ベタ基礎は不同沈下を起こさないといわれていますが、
ベタ基礎を採用していても、敷地全体の地耐力が均一でない場合は、
不同沈下が起こる可能性が充分あります。

また、地盤が軟弱な場合、ベタ基礎は布基礎に比べ地盤への荷重が掛かるために、
構造計算のやり方によっては、布基礎を採用した方が有利な場合も出てきます。

なお、ベタ基礎は一般的に立ち上がりの高さが45センチまでですが、
布基礎は65センチほどになります。

そうなると布基礎の方が上からの荷重に対抗するのは有利です。

そのため、鉄骨系のプレハブ住宅では、ベタ基礎ではなく布基礎を採用しています。

布基礎 

 

このページのトップへ ↑ 

 

ベタ基礎の配筋は
底板部はD10(φ10)以上の鉄筋を
300mm以下の間隔で縦と横に配置します。

間取りや地盤の状況によっては
配筋の間隔を狭めたり、D13(φ13)使用したり、
ダブル配筋(2段に鉄筋を組む配筋)にすることもあります。

 
150mmピッチの配筋をしたベタ基礎

D13(Φ13)の鉄筋で150mm間隔の配筋

 
ダブル配筋のベタ基礎

D13(Φ13)の鉄筋のダブル配筋

 
 

他の基礎へその他の基礎についてはこちら

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について