大引き(おおびき)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>大引き(おおびき)とは【住宅建築用語】

 

 

 

大引きとは、
1階の床組の重要な部材で、根太を支え、
大引きの端は土台に止められています。

大引きは床束と束石に支えられています。
一般的には、大引きを90cm間隔で並べ、
その上に大引きと直行する形で根太が乗り、
床板を張って仕上げます。

しかし、床板に充分な厚みがある場合は
根太を取りつけず、大引きに直接床板を張って
仕上げます。

大引きに使われる樹種は
固く、白アリの被害にあいにくいということから、
9cm角の、ヒバ・ヒノキ・ケヤキなどが一般的です。

輸入材であれば米桧(ビイヒ)・米栂(ビイツガ)
などが使われています。

 

床組みの大引き

 

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について