陸屋根(りくやね)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>陸屋根とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

他の屋根形状についてはこちら他の屋根形状へ

 

陸屋根(りくやね)とは
勾配が無く、水平方向に平らな屋根の事です。

「ろくやね」と読んだりもします。

「陸」というのは
水平方向に対し「平らな」という意味があります。

 

陸屋根
陸屋根の実例

 

RC造(鉄筋コンクリート)や重量鉄骨造では
陸屋根にする場合が多く、
木造ではあまり陸屋根を採用する事はありませんが、
木造では陸屋根は決して無理という訳ではありません。

陸屋根の最大のメリットは
屋上スペースを活用できるところです。

都会の狭小地などでは
庭を設ける事はなかなか難しい場合がありますが
陸屋根であれば
屋上庭園にしたり、物干し場としても最適です。

もう一つの大きなメリットは
メンテナンスが非常に容易な事です。

平らなので、作業が簡単にでき
足場の設置なども必要ありません。

他にも、立面図の見付け面積が、
どの屋根よりも小さくなるので、耐風性に有利です。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

平らなので、
雨漏りの可能性をデメリットとして挙げる事もありますが、
陸屋根はベランダのようなものなので、
ある程度の水勾配(木造の場合1/30~1/60)をとって、
しっかり防水工事をすれば心配ないでしょう。

しかも、メンテナンスがしやすいので
定期的にケアする事で、他の屋根と比べても特に問題は無いでしょう。

デメリットとしては、
陸屋根は他の屋根と違い、小屋裏空間が無いので
真夏の日射の熱が階下に伝わりやすくなります。

ですから、十分な断熱を心掛ける必要があります。

また、ソーラーパネルを設置する場合、
専用の架台が必要になるなど、
重量に対する検討も必要ですし、
コスト的にも不利な点があります。

 

他の屋根形状についてはこちら他の屋根形状へ

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について