束とは【住宅建築用語】


HOME
 >> 住宅建築用語辞典 >> た行 >> 束とは

 

束(つか)

 

束(つか)とは
2階のの上や、1階の床下などに立てる短い柱のこと。

2階の梁の上に設ける束を「小屋束(こやつか)」といい、
屋根組の母屋(もや)を支え、
屋根の荷重を梁に伝える役目をします。

束(小屋束)

1階床下に設ける束を「床束(ゆかつか)」といい、
大引きを支え、束石の上に乗っていて、
床の荷重を地面に伝える役目をします。

束(床束)

一般的に、小屋束、床束の両方とも
断面寸法が9cm角程度で90cm間隔に設けられます。

ただ、最近では、床束に関して
プラスチック製の「プラ束」、
金属製の「鋼製束」がよく使われています。