地鎮祭の玉串料、初穂料・表書き・費用

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>地鎮祭の玉串料、初穂料・表書き・費用

 

 

このページでは地鎮祭についての様々な情報をお伝えします。

 

地鎮祭の目次

 

地鎮祭の起源 地鎮祭の起源

 

地鎮祭の準備 地鎮祭の準備

 

地鎮祭の式次第 地鎮祭の式次第

 

地鎮祭の服装 地鎮祭の服装

 

地鎮祭の費用 地鎮祭の費用

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

地鎮祭という建築儀礼は、いつ頃から行われているのか、実はよくわかっていません。

地鎮祭に関する最も古い記録は、西暦690年、持統天皇の御世に、
藤原京造営に先立って“鎮め祭らしむ儀式が行われていたことが記された「日本書紀」です。

少なくとも、1300年以上前には行われていたようです。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

住宅会社によっては地鎮祭の段取りをすべてやってくれるところもあります。
まずは住宅会社に相談しましょう。

自分で手配しなければならない場合は、次のように手配します。


地鎮祭の日程を決める

工事スケジュールの都合があるので、住宅会社と話し合って決めます。
当然「仏滅」などを避けます。(気持ちの問題ですけど)

吉日としては「大安」がベストですが、
「大安」以外では、「友引」、「先勝」の午前中、「先負」の午後でもOKです。
神社の都合もあるので、開催日時は複数の候補を選びましょう。

 

神社へ手配

1ヶ月前には神社に連絡し、日時を決めるのが良いでしょう。

人気のある神社や建築着工の多い時期・吉日が休日と重なるときには、
同じ神社に依頼者が重なることがあります。

少なくとも、 1週間前には神社に、
建築場所、建主、施工者、設計者の氏名、参加人数など伝えましょう。
(祝詞奏上のなかで、設計者名・施工者名と肩書きを入れて奏上するため。
参加者人数は、人数分の玉串(サカキの枝)を用意するため。)

祭壇には、米・塩・酒・山の幸3種・海の幸3種をお供えします。

また、祭事中には鋤、鍬、鎌を使ってチョットしたパフォーマンスをします。

通常はそれらを神社が用意します。
神社によっては、お供え物のグレードによって料金が変わる場合もあります。

神社あるいは地域によっては、施主が用意するところもあるので、
それを神社が用意するのか、施主が用意するのか、
また、その他、施主や住宅会社で用意するものがないかの確認をします。

 

現場の設営

注連縄や青竹の準備、雨が降った場合のテント、神主さんの送り迎、等々、
通常は住宅会社がサービスでやってくれます。

また、四角形に張った縄に付けるシデと呼ばれる、稲妻型の白い紙は、
当日、神社が用意してくれます。

それを、1辺に4個ずつ付けます。
(通常、住宅会社のスタッフの方が付けてくれます)

 

このページのトップへ ↑ 

 

日ごろやることのない、「玉串(サカキの枝)の供え方」「2礼、2拍手、1礼」なども、
その都度その場で神主さんが教えてくれますですので、
当日の地鎮祭のやり方などの心配はいりません。

とは言うものの、予めどのようなことをやるのか分かっている方が安心できます。
そこで、地鎮祭の式次第をご紹介します。

赤字の部分を施主が行います。

 

1. 修祓
(しゅばつ)
参列者、お供え物を祓い清める祭儀。
お祓いの言葉を奏上する間は、深く頭を下げ、お祓いを受けるときは軽く頭を下げます。
2. 降神
(こうじん)
この土地に鎮まる神様と地域の神様をお迎えする厳粛な祭儀。
神主が「オオー」と警告するので、参列者は頭を深くさげます。
3. 献饌
(けんせん)
神主が神前のお供えを、神様にお召し上がりいただくために、御神酒と水の蓋を取ります。
4. 祝詞奏上
(のりとそうじょう)
これから先、この土地をお借りして家を建てることを神様に奉告し、工事の安全を祈ることばを申し上げる
5. 四方祓いの儀
(しほうばらいのぎ)
神主さんが敷地の中央と四隅をお神酒・米・塩・白紙で清めますので、施主も同行します。
6. 地鎮の儀
(じちんのぎ)
地鎮祭 鋤・鍬・鎌
祭壇の横に盛った砂山で行う儀式です。
設計者が鎌で草を刈る刈初め(かりそめ)、
建主が鍬で盛り砂を3回起こす穿初め(うがちぞめ)、
施工業者が鋤で砂を均す土均し(つちならし)を行う。
この時に鎮め物(しずめもの)を納めます。
7. 玉串拝礼
(たまぐしはいれい)
参列者が順番に祭壇の前に立ち、玉串を捧げ工事の安全を祈ります。
受け取った玉串は、時計回りに回して根本を神様に向けて祭壇にお供えします。その後2礼(深く二回お辞儀をする)2拍手(2回柏手を打つ)1礼(1回深くお辞儀をする)最後に軽く礼をして下がる。
8. 徹饌
(てっせん)
神主が御神酒と水の蓋を閉じお供え物をお下げする。
9. 昇神
(しょうじん)
神様に元の座お戻りいただく祭儀。
神主が「オオー」と警告するので、頭を深くさげます。
10. 直会
(なおらい)
地域によっては、お酒・おつまみで歓談する場合もありますが、最近では、施主の挨拶のあと、神主さんの音頭で乾杯だけで終わる場合が多い。

 

 

地鎮祭会場のレイアウト

式典の進行役は、住宅会社の方で行ってくれます。

式典の中で使用した「鎮物(しずめもの)」は神社の方で用意してくれます。

「鎮物」は式典が終わった後、住宅会社に渡し、
基礎工事の際に、建物の中心部に埋めてもらいます。

地鎮祭のレイアウト

鎮物の例、形態は神社によって違います。

地鎮祭の鎮め物
 

 

地鎮祭の実例動画(動画長さ4分36秒)

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

あまりに派手な服装やだらしない服装で地鎮祭を行うのはどうかと思いますが、
普段着ているような服装で構いません。

もちろんスーツでもOKです。

夏なら現場には蚊がたくさんいるコトがよくあります。

30分間、逃げるに逃げられず、たいへんな思いをするコトになるかも知れません。

虫除けスプレーなどの用意を忘れずに。

 

また、雨模様なら、現場はぬかるんでいます。

当日は雨が降っていなくても、
前日が雨であれば、ぬかんでいると見て間違いありません。

そんな時、綺麗な靴では惨憺(さんたん)たる結果になります。

そういう時は長靴で出席しても何も問題はありません。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

神社への費用

神主さんに支払う額は、2~3万円。式が終わった後、のし袋に入れて渡します。
のし袋には「玉串料」あるいは「初穂料」と書きます。

 

金封の場合

金封表書

地鎮祭の金封表書き

中袋(表)

地鎮祭の金封の中袋(表)

中袋(ウラ)

地鎮祭の金封の中袋(ウラ)

 

のし袋の場合
Placeholder image
 

中袋の表に書く金額の書き方

金壱萬圓也(1万円)
金弐萬圓也(2万円)
金参萬圓也(3万円)
金伍萬圓也(5万円)
金壱拾萬圓也(10万円)

 
 
Placeholder image
 

金封やのし袋のウラの折り方は、
図のように、下の方が手前になるようにするのがシキタリとなっています。

  

また、「供え物」は通常、神社側で用意してくれますので、
玉串料は「式」と「供え物」がセットで5万円前後が一般的です。

玉串料は、地域や神社によって違います。

神主さんに依頼する時は、直接費用をたずねるのが一般のやり方です。
遠慮する必要はありません。

 

 

職人さんへのご祝儀

通常、地鎮祭ではご祝儀を出さず、上棟式で出すことになっています。

もし、上棟式を行う予定がなければ出した方が良いかも知れません。

もし、出すのであれば金額の相場は、
棟梁と現場監督に1万~5千円。その他5千~3千円ほどです。

(のし袋の表書きは、御祝儀とします)

 

上棟式へ 上棟式についてはこちら

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について