つなぎ融資とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>つなぎ融資とは【住宅建築用語】

 

 

他の住宅ローンへその他の住宅ローンについてはこちら

つなぎ融資とは、
住宅ローンが実行されるまでの間、
別のローンを一時的に借り入れる融資のことを言います。

 

住宅ローンは、住宅に対して抵当権を設定するので、
工事請負契約の場合は、住宅が完成するまで、
融資が実行されません。

しかし、建築会社に対しては
工事の進行状況に応じて、 契約金額の支払いをしなくてはならず、
その間、住宅ローンとは別のローンを一時的に組んで
支払いに充てるのが一般的です。

そのローンのことを、つなぎ融資と呼んでいます。

 

つなぎ融資を利用する場合の流れは次のようになります。

  1. まず、つなぎ融資で建築会社に支払う。
     ↓
  2. 住宅の完成後、自分の名前で登記を済ませ、その住宅を担保に住宅ローンを組む。
     ↓
  3. 融資が実行されたら、つなぎ融資を返済する。

 

つなぎ融資には次のような費用が発生します。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

つなぎ融資の利息

つなぎ融資の利息は日割りで計算します。

もし、3000万円を金利2%のつなぎ融資で3ヶ月借り入れた場合、
どれだけの利息になるか計算してみましょう。

 

計算式は次の通りです。

つなぎ融資の利息= 融資額 × つなぎ融資金利 × 日割り
= 3,000万円 × 2.0% × (90日間 / 365日)
= 60万円 × (90日間 / 365日)
= 147,945円

ということで、利息だけで、約15万円。
その他の費用も入れると、約20万円の出費となります。

 

つなぎ融資の手続きは、
抵当権の設定などが無いため、比較的簡単ですが、
その分、金利は高目です。

ですから、1日でも
つなぎ融資の期間を短くする方が有利です。

そのため、住宅ローンの申請を早めに済ませ、
金融機関に相談し、スムーズに進むように心掛けてください。

また、住宅の登記をできるだけ早めるように努めるなど、
建築会社との連携も重要です。

 

他の住宅ローンへその他の住宅ローンについてはこちら

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について