延床面積とは【住宅建築用語】


HOME
 >> 住宅建築用語辞典 >> な行 >> 延床面積とは

 

延床面積(のべゆかめんせき)

 

延べ床面積とは、
建物の各階の床面積の合計のことをいいます。

延床面積

壁あるいは柱の中心を基準に算出します。

吹抜部のような床が無い部分については、
延床面積に算入されません。

しかし、階段については、
1階、2階の両方でカウントします。

また、玄関ポーチ、バルコニーの先端から2mまでの部分、
小屋裏収納、ロフト、などは、床面積には算入されません。


ビルトインガレージや地下室には、
容積率に関する緩和措置があり、


ビルトインガレージを設ける場合は、
全床面積の合計の5分の1未満、
地下室は全床面積の合計の3分の1未満なら、
容積率の算出の際に床面積に含まれません。

延床面積・ビルトインガレージ

ビルトインガレージは
容積率算出の際に
全床面積の1/5までは、
延床面積から除外される。

 

延床面積・地下室

ビルトインガレージは
容積率算出の際に
全床面積の1/3までは、
延床面積から除外される。