柱状改良とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>柱状改良とは【住宅建築用語】

 

他の地盤改良へ他の地盤改良についてはこちら

 

柱状改良とは
軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、
土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。

工事の手順は下図のようになります。

柱状改良の工事方法

図のような工事方法でセメントミルクを土に添加しながら撹拌して、
直径60センチほどのコンクリートの柱を地中に作ります。

柱状改良した柱の先端は、硬い地盤の深さまで到達していなければなりません。

しかし、柱状改良はその硬い地盤で支えるだけではなく、
柱と柱の周囲の土による摩擦力も加わることで建物の荷重を支える構造になっています。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

工期は通常1日から2日ほどです。
施工後、2~3日の養生期間を取ります。
1週間以上は過度な荷重が掛からないようにします。

柱状改良の施工には4tの大型重機の搬入が必要なので、
狭小地などの工事には向いていません。

柱の径は60センチ。
1820ミリ間隔で配置します。

改良深度を決める際の良好地盤とは、
粘性土でN値>3、
砂質土でN値>4
の硬さの地盤が連続する地層でなければなりません。

改良した柱は
良好地盤に50センチ以上、貫入させます。

柱状改良の工事風景
柱状改良の撹拌機の先端

 

 柱状改良に掛かる費用

柱状改良に掛かる費用は
1階の床面積が20坪程度で、
深度4~5メートル程度を改良する場合、
およそ70~100万円ほどが目安です。

 

 柱状改良の注意点

 

  • Φ60センチの柱状改良部に基礎の接地面が
    幅30センチ以上を確保しなければならない。
  • 基礎の立ち上がりの下に柱状改良した柱が来なければなりません。
    ベタ基礎であれば多少のずれは支障ありませんが、
    布基礎の場合はずれが大きいと問題があります。
柱状改良の接地幅
  • 宅地内に擁壁がある場合は
    底版に柱状改良部が当たらないようにして、
    基礎の強度を考慮する必要がある。
     
  • 工事には水道が不可欠です。
    着工までに仮設水道を設置しておく必要があります。
擁壁にあたる場合の柱状改良

  

他の地盤改良へ他の地盤改良についてはこちら

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について