根太とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>根太とは【住宅建築用語】

 

Placeholder image

根太とは、
住宅の床をはるために必要となる下地です。

在来工法の場合、
根太は大引きの上に垂直方向に張られる。

根太は床の構造の一部で、
1階の場合床板のすぐ下にあり、
通常4.5cm×4.5cmの寸法の部材で、
床の荷重を大引に伝える役目をしている。

2階の床の場合、4.5cm×6.0cmの寸法が一般的です。

1階、2階ともに、303mm、
あるいは455mmの間隔で根太を並べます。
材質や取り付けに問題があると、
床が鳴る原因となります。

 

在来工法の床組み

在来工法の床組み

 

大引きや床梁などを使わずに、
根太のみで床を支える方法もあり、
「根太床」といいます。
廊下、押入れ、縁側などスパンの短い場所や、
床組自体の厚さを薄くしたいときに、
この方法が使用されます。

また、基礎のコンクリートスラブに
直接根太を設置する
「根太床工法」というのもあります。

24mm以上の厚みがある構造用合板を
床板に使って、大引の上に直接合板を貼り、
根太を使用しない根太レス工法もあります。
最近では根太レスの割合が増えてきています。

 

ツーバイフォー工法の場合の根太は
1階が土台の上に14cm×3.8cm(2×6)の部材を
2階が1階壁の上に23.8cm×3.8cm(2×10)の部材を
455mmの間隔で並べます。

ツーバイフォー工法も在来工法同様に
24mm以上の厚みがある構造用合板を床板に使い、
根太を使用しない根太レス工法が一般的になってきています。

 

ツーバイフォーの床組み

ツーバイフォー工法の床組み

  

 

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について