へーベルハウスの評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> へーベルハウスの評判・評価・価格(坪単価)

 

 

へーベルハウスの評判 目次

へーベルハウスの価格へへーベルハウスの価格(坪単価)

へーベルハウスの営業スタイルへへーベルハウスの営業スタイル

へーベルハウスの特徴へへーベルハウスの特徴

へーベルハウスの歴史へへーベルハウスの歴史

へーベルハウスの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

へーベルハウスの総評へへーベルハウスの総評

へーベルハウスのモデルハウス

へーベルハウスのモデルハウス

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★坪単価の目安

ヘーベルハウスは大手ハウスメーカーの中でも、価格の高さでは 1、2を争います。
しかも、なかなか値引きしないという話しも耳にします。

営業マンに坪単価を尋ねたところ、坪単価65~70万円とのことでした。
しかし、その金額には、建物の外の給排水工事や電気工事、などは含まれていません。
その辺りのことを考慮すると、
坪単価70~80万円ぐらいを目安と考えた方が良いでしょう。

 

★ヘーベルハウスに値引きさせるには

へーベルハウスの対抗馬として積水ハウスと相見積を取って競合させるのが良いかも知れません。

業界NO.1で、しかもルーツが同じ日本窒素なので、へーベルハウスは積水ハウスをライバル視しているところがあります。なかなか値引きしてくれないと言われるヘーベルハウスですが、もしかしたら奮発した価格提示を期待できるかもしれません。

また、ヘーベルハウスは「住まいの見学会」といって、 引渡しを終え、既にヘーベルハウスの家で生活しているお客さんの家を 訪問するというバスツアーをよくやっています。

その見学会に利用してもらっても結構ですという話をすれば、 多少なりとも値引きしてくれるかも知れません。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

私に対応してくれた営業マンは、とても誠実そうで、好印象でした。

へーベルハウスの営業マンは当たりハズレがあると言われたりもしていますが、私は過去に何名かのヘーベルハウスの営業マンと接した事がありますが、皆、とても紳士的で、他社の悪口は、まず言いません。
社員教育がしっかりしているナぁ~と感じました。

とは言うものの、積水ハウスに対してだけは別のようです。
表立って言う訳ではありませんが、ライバル視していて、目の敵にしているように感じます。

ルーツが同じ日本窒素なので、すごく意識しているのでしょう。

ほとんどの展示場には、 ヘーベルハウスの重量鉄骨と他の工法の 違いを見せるために、 構造の断面を見せた模型が置いてあります。

ヘーベルハウスの構造模型の横には、必ず軽量鉄骨のプレハブ造の模型が置いてあります。

そのプレハブ造の模型は、大概、積水ハウスのものです。
これを隣り合わせで見比べると、積水よりヘーベルの方が、頑丈そうで良いな‥‥、というように映ります。

 

 

そこで、思ったのですが、「へーベルハウスに値引きさせるには」のところでも書きましたが、ヘーベルハウスで住宅の建築を検討されるのであれば、対抗馬として、積水ハウスと競合させるのが有効かも知れません。

 

ところで、ヘーベルハウスの営業スタイルは分業化されていて、営業マンは契約の段階までは主の窓口となりますが、それ以降は、設計段階では設計士、 詳細仕様決定の段階ではインテリアコーディネーター、着工して以降は工務担当者、という具合にそれぞれ段階で窓口担当が変わります。

実際、私がモデルハウスにお邪魔した時には、
1階の和室では、設計士と施主が打合せをしていました。
3階のサンプルルームでは、 コーディネーターと施主が打合せをしていました。

ですから、営業担当者の能力によって、家づくりが大きく左右されるという事は、あまりないのかも知れません。
しかし、責任の所在が曖昧になってしまうという可能性もあります。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

他のプレハブ住宅の大手ハウスメーカーが苦手とする都会の狭小地でも施工可能なため、都市型住宅を意識した商品を揃えています。

また、重量鉄骨造の特徴を活かした提案により、他社との差別化を図っていて、特に屋上利用の提案を積極的にしています。
今ではすっかり当たり前になっていますが、二世帯住宅というライフスタイルを初めて取り上げたのもへーベルハウスです。

 

★どんな地震があっても大丈夫

ナンと言っても、ヘーベルハウスは重量鉄骨造です。
高層ビルもヘーベルハウスと同じ重量鉄骨造です。
ですから、構造の頑強である事は間違いありません。

※ 重量鉄骨造については次のURLで分かりやすく解説しています
住宅の工法

 

更にヘーベルハウスは制振装置が標準装備となっています。

へーベルハウスの工事現場

工事中のへーベルハウス

積水ハウスやセキスイハイム、ミサワホームなど、他のハウスメーカーも制震装置を用意していますが、オプション使用になっています。
また、ヘーベルハウスの制震装置は他社の物とは全く違った構造になっています。
地震の揺れを吸収する様子が、右の動画です。

営業マンの話では、地震の揺れを2分の1に軽減するとのことでした。

元々、重量鉄骨造は地震の揺れに対し、剛性で対抗するというよりも、 揺れに対し柔軟にしなる事で、驚異の耐震性を保持していました。 それに加えてこの制震装置が加われば、鬼に金棒ではないでしょうか。

ともかく、ヘーベルハウスの最大のウリは、この地震対策にあります。
このことについては、完全に他社を圧倒しています。

へーベルハウスの制振装置

画像はへーベルハウスのHPより拝借

 

 

★とにかく外壁はヘーベル

ヘー ベルハウスと名のっている訳ですから、 ヘーベル(発砲コンクリート板)以外の外壁材は選べません。

ヘーベルハウスで家を建てる場合は、外観は塗り壁が良いとか、タイル貼りが良いなどと思っていても、諦めるしかありません。

ところで、通常、家の中で最も早く劣化してダメになってしまうのは、外壁材の継ぎ目を埋めるコーキングです。10年もするとかなり劣化します。

でも、ヘーベルハウスの場合、ヘーベルの継ぎ目のコーキングの上から、30年保証の3層アクリルシリコン塗装をします。
そのため、コーキングも塗装に守られて、 30年以上大丈夫ということのようです。

ただし、大きな地震があった場合は、重量鉄骨造+制震装置なので、 建物が地震の揺れを吸収するような動きをします。
その動き方はかなり激しい動き方になります。
(逆に建物の中では、かなり揺れが軽減される事になるのですが)
すると、外壁材もその動きに追随しますので、コーキングは間違いなく切れてしまうでしょう。

ですから、大きな地震があった場合は、建物自体に被害はなくても、ヘーベルのコーキングと塗装はやり直した方がよいです。

外壁材のへーベル

画像はへーベルハウスのHPより拝借

また、設計をする上でも、ヘーベルを中心に考えます。 ヘーベルの最小単位が30.5cmなので、建物の外周の寸法も それに合わせなくてはなりません。
都会の狭小地で設計をする場合、その辺りはちょっと苦しい状況があるでしょう。

ただ、建物の外周以外の、内部の間仕切り壁などの寸法は1cm単位で調整できます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★遮音性

屋外の音が70dbだった場合、屋内では30dbまで遮音されると謳われています。
40db減音されるというのはなかなかの遮音性能です。

外壁材のへーベルの性能による効果ですが、
遮音性能には建物の気密性も大きく影響してきます。

へーベルハウスは気密性能に関してはあまり得意分野ではないので、
謳っているような遮音性能を実際にはどこまで期待していいものか、
疑問に感じるところはあります。

家の中の遮音性能については、二世帯住宅の場合
2階の床に100mm厚のへーベルと防振ゴム、ロックウールが施され、
2階の音を1階に伝わりにくい構造になっています。

 

 

★ロングライフプログラム・60年点検システム

地震に強い事と並んで、ロングライフ住宅をセールスポイントとしています。

構造や、壁、屋上の防水は、30年間ほぼノーメンテでいけるようです。

例えば 一般的には、外壁のコーキングは10年すると著しく劣化します。
その補修費用は、40~50万円ほど掛かるでしょう。

ヘーベルハウスであれば、30年間はそのような費用は発生しないという事のようです。

 

また、ノーメンテの仕様に加えて、60年という長期の点検システムを備えています。

他のハウスメーカーのほとんどは、永くても無償点検は20年までですが、へーベルハウスは30年目までは無償の定期点検があります。

どこのハウスメーカーでもそうですが、点検は無償ですが、もし点検の結果、躯体と外壁材以外で補修が必要になれば有償で補修工事をする事になります。

30年目以降は60年目まで5年毎の点検を有償で受ける事ができます。

ただし30年目の時点で、屋根やベランダの防水、外壁のコーキングと塗装など、400万円相当の補修工事をしなければなりません。

へーベルハウスの構造図

画像はへーベルハウスのHPより拝借

 

★キッチンやサッシは既製品

ヘーベルハウスでは、
キッチンやユニットバスなど、水周りは既製品の中から選びます。
標準で扱っているメーカーは、 LIXIL、トクラス、パナソニック、永大です。

サッシはLIXILです。

大手ハウスメーカーの多くは、 キッチンやサッシなどはオリジナル品であることを謳っています。
ただ、オリジナルとは言っても、 住設メーカーの既製品を、そのハウスメーカー専用のオリジナル色やオリジナル柄にしただけ、 というのがほとんどです。

ですから、むしろメーカーを選択できる分、良いかも知れませんね。

 

 

このページのトップへ ↑ 

★断熱と気密施工は苦手

現在は標準で次世代省エネルギー基準をクリアしていますが、
以前はへーベルハウスだけがクリアしていない時期がありました。

他のハウスメーカーに比べ、断熱気密に関しては苦手としているようにうかがえます。

へーベルハウスの断熱仕様は次のようになっています。

壁の断熱仕様

へーベル75ミリ+フェノールフォーム25ミリ

屋根の断熱仕様

へーベル100ミリ+フェノールフォーム65ミリ+ポリスチレンフォーム25ミリ

 

外壁材のへーベルの断熱効果はほとんど期待できません。
へーベルの特長として断熱性能を謳っていますが、普通のコンクリートに比べれば断熱性は優れていますが、断熱材として捉えられるほどの断熱性能はありません。

ですから、現在の一般的な断熱レベルからすると合格点は取れるものの、ちょっと物足りないようには感じます。

 

対応してくれた営業マンに、断熱性能に関連した、こんな意地悪な質問をぶつけてみました。
「なぜ、北海道や東北の寒冷地に営業所がないのか?」

それに対し2つの答えが返ってきました。

【A1】
「当社の商品の基本は陸屋根なので、通常の屋根よりも かなり厳しい積雪加重が掛かります。
今のところ、その認可を取っていないので、寒冷地には営業展開していません。」

【A2】
「しかし、最も大きな理由は、当社はアフターサービスに最大の重点を置いているからです。
当社のポリシーとして、アフターサービスを整えてからでなければ営業展開しないという事になっています。
北海道と東北はその整備がなされていないので、営業展開していないのです。」

営業トークとして、完璧ですね。
ロールプレイングで、営業トークの訓練をかなり積んでいるのでしょう。脱帽です。

 

 

★アフターサービスが自慢

なぜ、脱帽なのかと言うと、
私が突いた、ヘーベルハウス最大のウイークポイントに対し、もっともらしい理由を並べただけではなく、それを逆手に取って、自社の強みをアピールするトークへと結びつけたのです。

上記のA2のような話を聞くと、私としては、このように質問しない訳にはいきませんよね。
「アフターサービスって何をするんですか?」

すると、営業マンは自慢げに事細かに答えてくれました。

要約すると
「24時間いつでもトラブルに対応できるシステムを構築した。 今では他のハウスメーカーでもそれを謳っているところはあるが、実はヘーベルハウスが開発したシステムを真似しているだけ。最も早く真似したのは住友林業さんです」
と言って、ロングライフプログラムなどの説明に入るのでした。

最大のウィークポイントを突枯れても、ごく自然に、最大のアピールポイントのPRつなげてしまうのは見事でした。
一般の方がこの営業トークをされたら、 ヘーベルハウスのファンになってしまうかも知れませんね。

 

 

★徹底した社員教育

これらのやり取りを通して感じたのは、
この営業マンはかなり訓練されていると言うことです。
他のハウスメーカーの営業マンでは
こんなに見事な切り返しはなかなかできません。

おそらく、社内で何十回もロールプレイングをして、 鍛えられているのでしょう。

しかも、接客対応も申し分ありませんでした。

これだけ徹底して社員教育できるヘーベルハウスはすごいと思います。
『徹底した社員教育=会社の信頼性』ではないでしょうか。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

旭化成のルーツは、戦前、東洋一の総合化学会社であった、
日本窒素肥料(株)です。
日窒コンツェルンと呼ばれ、有力な 財閥の1つでした。

しかし戦後、GHQの財閥解体により「旭化成」と「チッソ」に
分断され、日本窒素の有志が集まり立上げたのが「積水化学」でした。

解体後、旭化成は「サランラップ」が爆発的な大ヒット商品となり、
その名を一躍有名にしました。

1960年代になり、高度成長期の日本は、都市部において
深刻な住宅不足の状況でした。
そのため、建築業界はかつてない活況を呈していました。

旭化成のサランラップ

ちょうどその頃、旭化成は建材事業への参入を果たすため、
旧西ドイツの「ヘーベルガスベトン社」と
発砲コンクリート「ヘーベル」のライセンス契約をし、
日本での製造と販売を開始したのですが、
まさにこれがヘーベルハウスの始まりだったのです。

その後、このヘーベルと鉄骨造を組合わせた、住宅の開発に着手して、
1972年、ついに「ヘーベルハウス」が誕生しました。
これ以降、「ヘーベルハウス」はヘーベルと鉄骨造という組合せを
一貫して今日まで至っています。

 

誕生して間もなく、ヘーベルハウスは、住宅業界に革新的な考 え方を
もたらしました。
それは1975年に発表された「二世帯住宅」です。

今でこそ、当たり前となった「二世帯住宅」という考え方ですが、
当時は、一つ屋根の下で、親世帯と子世帯が別れて暮らすなどという
概念はありませんでした。

もし、ヘーベルハウスが無ければ、「二世帯住宅」という言葉も、
その考え方も、存在する事は無かったといって間違いありません。

初期のへーベルハウス

画像はへーベルハウスのHPより拝借

ところで、ヘーベルハウスのイメージキャラクターの「ヘーベル君」
ですが、1985年に初めてCMに登場しました。
「ハ~イ!」と癒し系の声で挨拶してくれる、あのキャラです。

「ヘーベル君」はちょうどその頃に発売された、
「ヘーベルハウスキュービック」がモデルとなっています。

へーベルハウスのへーベル君

さて、ヘーベルハウスと言って忘れられないのが、象のCMです。
1993年に放映された「フレックス3」のTVCMが一躍話題となりました。

「ヘーベルハウスなら屋上で象が飼えます」と言って、
本当にモデルハウスの屋上に本物のゾウを乗せてしまいました。
当時増えつつあった木造3階建てとの強度の違いを
リアルに表現するためのものでした。

撮影はかなり大変だったようで、、愛知県豊橋市の展示場を使って、
体重2トンものゾウを檻ごとクレーンで吊り上げ、
架台と鉄板を敷いた上に足かせ付きで乗せ、
3日間掛けてやっと撮影できたようです。

このCMにより「屋上でゾウが飼えるヘーベルハウスの3階建て」
のイメージが定着しました。
象の大型バルーンはヘーベルハウスのシンボル的存在となり、
そのバルーンを見れば、何棟ものモデルハウスが建ち並ぶ
住宅展示場で、一目でヘーベルハウスと分かります。

へーベルハウスと象

画像はへーベルハウスのHPより拝借

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★へーベルハウスのモデルハウス

へーベルハウスのモデルハウスの間取り図

へーベルハウスのモデルハウスで頂いた間取り図

 

★真冬に玄関ドアが開けっ放し

玄関ドアを閉めておくと、入りにくいからなんでしょうけど、
チョッとこれはエネルギーの無駄じゃない?
エコ的な発想は皆無ね!

玄関が寒くなるから、大型のエアコンをフル稼働して暖房しているし、

ウ~ん、これは印象悪いゾ!

他社のモデルハウスは玄関ドアの内側に、ガラスの自動ドアを付けて、
開けっ放しにならないように工夫してるのに‥‥。

へーベルハウスの玄関

 

★光熱費が心配

1階のLDKは大きな吹抜けが開放的で、素敵な空間でした。
でも、キッチンの裏側に回ってビックリ w(°0°)w

壁に大きな操作パネルらしきものが3つ‥‥‥
これって、もしかして床暖房?

スリッパを脱いでみたら、確かに床暖房が入ってる。
‥‥‥‥‥‥どうりで、足元が寒くない訳ネ。
でも、床暖房のないところはスースーする‥‥‥。
この差はあまりにも大きいんじゃない?

この広いLDKを床暖房するのに、 こんだけ大げさな床暖房が必要なのね。
多分、これがなかったら、寒くて居られないでしょうね。

ヘーベルハウスで快適な冬を過ごそうと思ったら、暖房費が心配。

へーベルハウスの内観

 

 

 

★屋上の防水

ロングライフ住宅で基本的に30年間は、ほぼノーメンテとのこと。
と言うことは、屋上の防水も30年間は大丈夫ってこと?

営業マンの話では、「特殊なシート防水で、空気層を設けて‥‥。」
ナンか難しくてよく分かんない。
どうも、営業マン自身もよく分かってないみたい。

屋上に上がって触ってみると、ゴムみたいでフワフワして頼りない。
これって、穴が開いたりしないの?

とは言うものの、屋上を庭のように利用できるのはポイントが高い。
そう思って、屋上に作られた庭園の上を歩いてみると、
「あっ、敷石が動いちゃった」
「しかも、ギシギシ音がする」
これって、本当に大丈夫?

へーベルハウスの屋上

 

★地震が来なきゃ、損した気分?

万全の地震対策が売りのヘーベルハウス。
その分、他のハウスメーカーよりも価格は高目。

ただし、夏の暑さや冬の寒さ対策がほとんど考慮されてな~い。

もし、大地震が来たらヘーベルハウスで家を建てて良かった と言う事になるんでしょうけど、
地震が来なかったら、すっごく損した気分になりそう。( -д-)

 

 

★ヘーベルハウスは街の耐火壁

阪神大震災の直後の写真を見せてもらいました。
それは、ショッキングなモノでした。

家々が火災で全て消失して、跡形もなくなっているのですが、
忽然とヘーベルハウスが建っていて、 そこから先の家はまったく燃えていないのです。

でもこのヘーベルハウス自体は、割れた窓ガラスから火が入って、
中は全部焼けて、リフォームしても住む事は不可能な状態だったとか。

自らを犠牲にして、街の耐火壁となって、被害を抑えたって事ね。

街の要所要所にヘーベルハウスが建ってくれたら、 防災に役立つかもね。

阪神大震災直後のへーベルハウス

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

ヘーベルハウスは、家づくりのコンセプトが絞り込まれていて、
非情に分かりやすいです。

ヘーベルハウスの強みは次の3点です。

●とにかく地震に強い
●ロングライフ住宅で、メンテナンスの負担が少ない
●アフターサービス体制が充実している

南海地震や東海地震の発生が懸念されている昨今、
非情に頼もしい家である事は間違いありません。

ただし、これ以外のことに関しては、
他の大手HMよりも劣っていると言わざるを得ません。

例えば、高断熱高気密を望んでも無理です。
他社の家よりも、 冬は寒く、夏は暑いという事は覚悟しなくてはなりません。

 

 

このページのトップへ ↑ 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について