パナホームの評判・評価・価格(坪単価


HOME
 >> ハウスメーカー比較(評判・坪単価) >> パナホームの評判・評価・価格(坪単価)
       
注文住宅の相談はこちら 地元の優良工務店に対しオーディション(競争入札)。あなたの家づくりをプロがサポート。 全国6拠点→  住宅CMサービス
       

欠陥住宅の事例動画 参考資料‥‥ハウスメーカーで実際にあった欠陥の実例です。失敗に学ぶことは多いです。
  

 

 

パナホーム

パナホームのモデルハウス
京都五条住宅展示場
のパナホーム

工事中のパナホーム
工事中のパナホーム

パナホームの評判 メニュー

 

パナホームの価格   パナホームの営業スタイル

 

パナホームの特徴   パナホームの歴史

 

主婦の目チェック   パナホームの総評

 

 

 

パナホームの価格(坪単価)

 

パナホームで家を建てる場合の価格の目安は
坪単価70万~80万円です。

大手ハウスメーカーの中でも高い部類になります。



★あの耐震実験は何の意味があるの?
―――――――――――――――――――――――――――――――
(右の写真はパナホームのHPより拝借)


パナホームの耐震実験チョッと前まで、パナホームはTVコマーシャルで、
耐震実験の様子を流していました。

震度7の揺れの地震を再現し、
「72回の耐震実験をしても、ビクともしなかった」
というものです。

自動車メーカーも、衝突実験をやりますよね。

色々なパターンで衝突実験を繰り返し、
安全なボディーを設計するためのデータを取っているのです。

しかし、パナホームがコマーシャルでやっていた耐震実験には
何の意味があるのか、はなはだ疑問です。

あの実験で使われていた建物は、
真四角の総2階で、
1階と2階の窓の位置が揃っていて、
耐震的には最も有利な形状です。

こちら↓
http://www.panahome.jp/tech/powertech/shindo/index.html


こんな形状の建物であれば、別にパナホームでなくても
他のハウスメーカーや
在来工法でもツーバイフォー工法でも
同じような結果になるのは実験する前から明らかです。

耐震実験をするのなら、
耐震の許容範囲ぎりぎりの設計をして実験をし、
そのデータを元に、更に耐震の許容範囲を広げられるよう工夫をして
消費者のニーズに幅広く応えられるように間取りの自由度を高める。

あるいは、より、耐震性に優れた家にする。

ということであれば、良く分かります。


結局、パナホームの目的は単なるPRにしか思えません。

あたかも、パナホームの家だけが
他よりも耐震性に優れていると、錯覚してしまいます。

さらに、この無駄な実験には億単位の費用が掛かっているはずです。
その費用はだれが負担しているのでしょうか?

当然、パナホームで家を建てる人達が負担していることになります。
そんなことで良いのでしょうか?



★致命的な二種換気
―――――――――――――――――――――――――――――――

パナホームのモデルハウスを訪問して
私は愕然としました。

何と、パナホームの採用している換気方式は第二種換気なのです。
(第二種換気というのは、給気はファンを使って、
排気口にはファンは使わず、自然に排気する換気方式です)

この第二種換気は、部屋の中の空気の圧力が外よりも高くなるので、
塵やほこりが部屋の中に入りにくくなるという特徴があります。

そのため、手術室や精密電子部品の工場など、
特殊な場所では使われていますが、
住宅ではほとんど(パナホーム以外)採用されていません。

なぜ、住宅では採用されていないのかというと、
部屋の中の湿気が壁の中に入り込みやすくなり、
特に冬場になると、壁内結露が生じてしまうからです。

そのためでしょう。
パナホームでは冬場、換気システムを止めて自然換気にするそうです。

自然換気だと風の強い日、弱い日など、
気象条件によって、換気量が大きく変わります。

ですから、換気量が少なくなる条件であっても、
充分な換気量が確保できるように設計しなければなりません。

つまり、風の強い日などは
換気量が多すぎて、外の冷たい空気が、
どんどん家の中に入り込んでくることになるのです。

パナホームでは、この換気システムが標準仕様なので、
嫌でも付いてきます。

昔は、これとよく似たシステムが
オプション仕様で用意されていましたが、

おそらく、法改正で換気システムが義務化された際に、
それまでオプション仕様だったものを
そのまま標準仕様にして現在に至っているのでしょう。


これはあくまでも、私の個人的な意見ですが、
この第二種換気を採用している限り、パナホームはチョッと‥‥。

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

パナホームの営業スタイル

 

どちらかといえば、賃貸住宅を得意としています。
賃貸住宅の部門の営業マンが、一般戸建て住宅を受注することも
多々あるようです。

打合せをスタートさせて、引き渡しまでの間、
担当の営業マンが常に窓口になりますので、
担当営業マンの力量が重要ですから、
その辺りを冷静な目で判断してください。

ところで、営業地域は全国にありますが、
地域によっては直轄の営業所ではなく、
代理店が担当しているところもあります。

ちなみに、私が在住している京都では
デザオ建設という京都の地方工務店の関連会社が代理店を行っています。

代理店ですと、
色々な面で質のバラツキが大きいことが予想されます。
その辺りの見極めも重要かと思います。



★オール、パナソニックの商品
――――――――――――――――――――――――――――――――

パナホームのモデルハウスに行くと、
ホームシアター設備やパナソニックの電化製品が
これでもかと言わんばかりにセッティングされています。

家電製品だけでなく、パナホームはグループ会社の商品だけで、
壁、床、天井、ドアに住宅設備などなど、
一棟の家ができてしまいます。
そのため、提案はすべてパナソニックの商品で固めてきます。

営業マンの話では、「パナソニック以外でも、自由に変更できます」
とのことですが、その場合は割高になる可能性があります。



★値引きに期待
――――――――――――――――――――――――――――――――

営業マンに値引きについて尋ねたところ、
「ケース・バイ・ケースです」という答えが返ってきました。

他のハウスメーカーですと、
「基本的に、大きな値引きはしません」と言ってきますが、
パナホームは値引きについて否定しないところを見ると、
もしかして、交渉次第で大きな値引きが期待できるかもしれません。

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

パナホームの特徴

かつては「マネした電器」と揶揄されてパナソニックですが、
パナホームに限っては、他のハウスメーカーにはない
独特なモノが色々とあります。



★3タイプの構造
――――――――――――――――――――――――――――――――
パナホームには次の3タイプの構造が用意されています。

●パネル構造
最も一般的なプレハブ工法で、
工場で軽量鉄骨とブレースにより壁を作り、
クレーンを使って、現場で組立てます。

●ラーメン構造
最も一般的な重量鉄骨工法で、
3階建てまでの住宅に対応します。

●NSラーメン構造
パナホーム独自の重量鉄骨工法で、
5階建てまでの住宅が可能です。

TVコマーシャルでもPRしていましたが、
都会の狭小地であっても、足場を必要とせず、
敷地境界に極限まで寄せて建てることができます。



★光触媒タイル「キラテック」
――――――――――――――――――――――――――――――――

パナホームの大きなウリの1つが、この「キラテック」です。
パナホームで家を建てる人の8割が採用しています。

「キラテック」は光触媒のタイルで、
タイルに付着した汚れを、太陽光を利用して分解し、
雨で自然に流れ落とす特徴があります。

ですから、いつまでも綺麗な状態を保つことができます。

また、この光触媒は、
1階の大きな窓とFIX(嵌殺し)窓のガラスにも施されていて、
窓掃除の負担を大きく軽減します。



★給放湿性のある壁
――――――――――――――――――――――――――――――――

パナホームの珪藻土パナホームの壁紙は和紙でできていて、給放湿性のある自然素材です。

更に壁紙の下地の石膏ボードは
一般的なケイ藻土と比べて3倍の給放湿性があると言われている
稚内の珪藻土が練りこまれています。

右の写真はその珪藻土の塊。

これらの仕様は、パナホーム独自のもので、
調湿効果の他に、ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸収し、
シックハウス対策としての効果も期待できます。

この仕様は、とてもポイントが高いように思います。



★独自の換気システム「ピュアテック」
――――――――――――――――――――――――――――――――

パナホームの換気システムは「ピュアテック」と称する
独自のシステムを採用しています。

このシステムは第二種換気という方式で、
床下の空気をフィルターを通して、
ファンを使って強制的に室内へ給気し、
各部屋の排気口から自然に排気するというものです。

(第二種換気というのは、給気はファンを使って、
排気口にはファンは使わず、自然に排気する換気方式です)

床下の空気は
夏場は外気より温度が低く、冬場は外気より温度が高いため、
その空気を室内に送り込むことで、
冷暖房の負担を軽減させることができるとのことです。

しかし、この換気システムは「大きな問題」を抱えていることは、
先にお伝えしたとおりです。

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

 

 

パナホームの歴史

1963年に松下電工(現:パナソニック電工)を母体として設立。
♪家を作るなら~ 家を作るなら~‥‥ナショナル住宅♪
のCMソングで、一気に最大手のハウスメーカーの一社として、
住宅業界に登場してきました。

当初は代理店制で販売していたのですが、
2002年に代理店を統合して、
社名を「パナホーム株式会社」に変更しました。

しかし一部地域では、今でも代理店が販売をしているところがあります。

この写真は
日本の創業者列伝のHPより拝借


パナホーム・松下幸之助このパナホームの創業者は、言わずと知れた、あの松下幸之助です。

「人間が生活していく上で住まいというものは、
一番大切なものであり、また基本である」という思いから、
日本人の暮らしの向上を願って設立したのでした。


松下幸之助は1894年に和歌山県に生まれ、
9歳で丁稚奉公に出てから、1955年には長者番付で全国1位となり、
約5000億円の資産を築いたことから、
経営の神様と言われていることは、皆さんご承知の通りです。

ところで、松下の姓の由来ですが、
幸之助の生家の横に大きな松の木があり、松の下に家があることから、
松下と名乗ったそうです。

もし、家の隣に生えている木が梅だったら、
梅下と名乗ったのでしょうね。

ということは、松下電器ではなく、梅下電器となっていたのかも。
ナンか三流品って感じで、あんまり売れそうにないですね。

そんな松下グループは、
このほど「松下」と「ナショナル」の看板を下ろし、
「パナソニック」のブランドに一本化しました。

パナホームは、既に「パナ」を名乗っていたので、
名称の変更はありませんが‥‥。

住宅業界では、いま1つパッとしないパナホームですが、
グループ会社の心機一転のスタートが、
良い影響を与えられるのでしょうか?

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

主婦の目チェック コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

パナホームのモデルハウスの間取り

モデルハウスでいただいた間取り図

 

★メンテフリー?
―――――――――――――――――――――――――――――――

対応してくれた営業マンは
チョッと背は低いけど、話し上手で
気さくな八百屋のお兄ちゃんって感じで、割と好印象。

彼が言うには
「うちのお客さんは何もしないのが好きなんです」

つまり、メンテフリーと言いたい訳ね。
それと、奥さま目線で
家事の負担を極力抑えるように考えられているらしい。

外壁や窓は光触媒で汚れないというのは、確かにうれしい。
でも、室内のクロスは和紙‥‥‥。

これって、すごく汚れそう。

小さい子供がいたら、
そこらじゅう手形だらけになるんじゃないの?

私も自然素材が好きだから、
うちの家のクロスは珪藻土クロスを貼ったけど、
子供たちが汚れた手で触ってくれるもんだから、
もう大変!

メンテフリーで、いつまでも奇麗なのがいい人には
自然素材は向きません。

パナホームの場合、下地の石膏ボードに
調湿効果のある珪藻土が練りこまれているとか‥‥。

もし、その上から汚れにくい
普通のビニールクロスを貼ってしまうと、
通気性がないから、まったく意味がなくなっちゃう。

つまり、汚れやすい自然素材のクロスしか
選びようがないじゃないの!



★パナソニックの本領発揮
―――――――――――――――――――――――――――――――

パナホーム・松下幸之助和室に行くと、家具の上に松下幸之助のフォトフレームが‥‥。

寝室に行くと、本格的なホームシアターが‥‥。

スイッチなんか、ちょっと見たことないような変わったデザイン。

さすがパナソニック。
電気屋さんの本領発揮って感じ。

ただ、このモデルハウスって、
あれもこれもって感じで、いろんなモノがごちゃ混ぜになちゃって、
いまいち統一感がない。

パナホームのスイッチ前回訪問した三井ホームのモデルハウスを見てしまうと、
インテリアのセンスに物足りなさを感じてしまいます。

パナソニック以外の建材を使う訳にはいかないから、
制約が多い中で、コーディネーターさんも
力を発揮できずにいるのかな?

でも、一条工務店よりはマシですよ。


それでも、唯一、パナソニック製ではないものがありました。

それは、ソーラー発電!
ソーラー発電だけはシャープ製だったのです。

営業マンによると、
「パナソニック製もあるんですけど、
シャープの方が性能が良いもので‥‥」

まっ、なんて正直な人!

ボラギノールのコマーシャルじゃないけど、
この正直なところは本当に好印象。

もし、京都近郊の人で、パナホームの家を建てるんだったら、
彼はお勧め。

紹介しちゃいます。



★家中が床下の空気で満たされちゃう。
―――――――――――――――――――――――――――――――

うちの旦那のコンシェルジェ高田は、
パナホームの換気システムのことが気になるみたいで、
営業マンから、根掘り葉掘り聞いてました。

旦那の言う理屈は、その通りだと思うけど、
そもそも、床下の空気が部屋の中に流れてくることが
気持ち悪いと思うんですけど‥‥。

何か、床下の空気って臭そうだし、
フィルターを通してるって言ったって、
匂いまで取れないでしょ?

パナホームは、床下からしか空気が入ってこないって言うし‥‥、
と言うことは、家中が臭い床下の空気で満たされるのかと思うと
ゾッとします。

 

 

※主婦の目チェックを書いたご本人のブログをこちらでご覧になれます。

 

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ

パナホームの総評

グループ会社のパナソニック製の製品だけで家が1軒できてしまう‥‥。
そんなパナホームですが、
確かに、他社とは差別化をすべく、
細かな点で、独自の特徴を出してはいるものの、
いま一つパッとしません。

さらに、他社と大きく違いを出している換気システムは、
その特殊性がアダとなっています。

京都の地域では、標準でⅡ地域の次世代省エネ基準をクリアできるレベルとは言うものの、本当に快適に暮らせるかどうかは非常に疑問です。

担当の営業マンが、よほど優秀で、非常に馬が合うということでしたら、
パナホームも候補にしてもいいかも知れませんが、
その辺りは慎重に見極める必要があります。

 

パナホームの評判・評価・価格(坪単価)のトップへ